創価学会の一壮年部shinが日々の思いを綴ります


by shin_f77
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

退任の決意

地区部長の退任を決意いたしました。
組織に新しい風を巻き起こすには、
人事一新することです。

ということで、退任をすることといたします。
地区には40代の若手の壮年部がいます。
幹部の皆様、よろしくお願いいたします。

ブログの紹介も、一壮年部が綴るブログといたしました。
このブログ、消滅させようかと思ったのですが、

刑事被告人にされそうになったときも
このブログで全世界に声を大きくすることで
自らを励まし、乗り越えてきたので
不要な記事は削除させてもらいますが
やっぱり思いとどまって、残しておきます



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by shin_f77 | 2016-11-09 20:57 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(2)
本日15日9時35分に、箱根駅伝予選会がスタート
20キロ最終 総合3位で
みごと、2回目の箱根駅伝出場決定!
おめでとうございます!(^^)!

私も、今月30日大阪マラソンに初出走します。
コブクロの小渕健太郎さん、ipsの山中教授と一緒に、
自己ベストを目指します。
大阪中之島公会堂の前は、11.18勝利のVサインで走り抜け、
大阪南港のゴールには、亀さんでもいいので、完走のゴールをしたいと思います!(^^)!






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by shin_f77 | 2016-10-15 09:09 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(2)

信心はSGIに学べ2

一平さんのブログも私と同じことを考えていた。


人間主義と民主主義に基づく宗教組織としての成熟度は、
海外SGIにおいて、わが国の遥か先を歩んでいる。

かつては海外SGIが日本に追いつけと懸命に努力していたものが、
今や私たちが海外メンバーに多くのことを学んでいかなければならない
時代を迎えている。

それは、日本のように会合形式になってしまった「座談会」ではなく、
車座になって自由なディスカッションを可能とする
「zadankai」にほかならない。

(9月17日 Diversity)

創価学会には、”内部コード(内々にしか通用しない言葉や概念)”が多すぎる。

折伏は「折って伏す」であり、新聞啓蒙は相手の蒙(無知なこと)を開くという、人権的にも、人道的にも極めてひっかかりの多い言葉となってしまっている。

折伏も啓蒙も、本来の精神は極めて重要なことだが、
この広く通用することはない、内部コードを使い続けていくか否かについては、検討の余地がある。

(9月3日 Diversity)

そう云われれば、創価学会でも
折伏という言葉を使わずに、
「仏法対話」「友好対話」という言葉を使うことが、
昔に比べれば、多くなったな、と感じる。

でも根本は、折伏精神を忘れては、他宗の布教活動と
変わらなくなってしまう。
まず、折伏すべきは、勇気のない自分

ニューヨークSGI壮年部の方で、
巨大企業のトップを務める方が
「何百人、何千人という人が、私がSGIのメンバーであることを
知っている。
だから、私は毎朝、勤行の中で、今日も勝たせてください、
仏法の正義を証明させてください、と祈っている。」と
STBの中で語っていましたが、
全く同感。

折伏精神を胸に秘めて、
学会の正義を証明していきたい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by shin_f77 | 2016-09-19 17:10 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(1)

ブログDiversityの復活

かつて創価ブログ村のランキングをリードし続けておられた
一平さんのブログDiversityが、静かに復活されているのを見つけました。
数年前、創価ブログ村を離山され、その後、姿を消されていました。

地区部長の戦いに、限界を感じたとき、いつも、方向性を示していただいた
頼りになるブログです。
今、再び、ソフトパワーと座談会について、語っておられます。


創価学会において、今最も欠けているものは何か。

小単位による会合、つまり対話であろう。

人間の集まりに重要なものの一つに”啓発”がある。

人が人に会う動機はさまざまだが、一番単純かつ純粋なものとしては、

自分にはない”何か”を他人に求めることにある。

一方的に語られる指導を聞いて終わってしまっては不完全だ。

この小単位の対話を各地で随所に、自発的に推進できるよう配慮し、

そこに徹して尽くしていくことが、

組織に求められる絶対的”責務”だと言っていいだろう。

創価学会が座談会から始まったように、昔も今も、私たちに唯一必要なのは、

小単位の「有意義な語らい」にほかならない。
(8月8日 Diversityより)

だれよりも勝ろうとの執着へと意識を駆り立てる成果競争は言うまでもなく、

人間性を疎外し、心を疲弊させる。

あくまで手段にすぎない選挙依頼や折伏成果(聖教新聞の啓蒙を含め)という行為を

目的化することにも絶え間ない自戒をしていくべきだ。

ならば、現場における指導性はむしろ成果競争をあおる等の言動を厳しく戒め、

本来の対話の目的である「究極的な『真理』の解明のために、互いに英知をしぼり、

人間の真の幸福の実現に向けて競い合う」ことを教えていかなければならないはず。

根本的な意識改革と活動のあり方の変革が求められる時が来ている。
(8月8日 Diversityより)


創価ブログ村に、一平さんが、戻ってこられることはないと思います.
が、ブログDiversityの復活は本当にうれしいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by shin_f77 | 2016-09-10 21:55 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

死んだはずだよ、副会長

先日、ご逝去されたはずの大先輩からフェイスブックでメッセージが届きました。
内容は「女の子が行方不明になっています。心当たりのある方は一報を」
というものでした。

昨年9月に、「10月○○日の日曜日のご予定はいかがでしょう。地区総会に入っていただきたいのですが・・」とメールを送ったところ
「申し訳ありません、その日は予定が入ってしまいました。お許しのほどを」と
REメールが。
副会長であっても、大変腰の低い、誠実な方でした。
大誓堂の勤行会でも導師をしていただきました。

その数週間後、お亡くなりになられたという一報が入り
10月○○日には、逝去されていましたので、予定とはそういう意味だったのか?
と本当にびっくりしました。

そんな、大先輩から、約1年ぶりにメッセージが届きました。
「女の子が行方不明になっています。心当たりのある方は一報を」

書き込みで「お父さんのパソコンから、誰がメッセージ送っているの!」と
コメントが入っていましたので、たぶん御子息が、
父になり代わって、全世界にメッセージを配信したのだと思います。
"お父さんだったら、こんな行動を起こすだろう”と

おもわず「お久しぶりです。大先輩!」とメッセージを送ってしまいました。
○○副会長の信心は、連綿と受け継がれています!

動画はスコットランド在住の音楽家、マーク・ホワイトさんの旅情こもる
調べです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

# by shin_f77 | 2016-09-01 23:08 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)