ブログトップ | ログイン

祈りの力_3.16記念交流座談会

今月と来月は、総県内で交流の座談会を開催することとなり、
昨日はN支部K地区の地区座談会に、地区の代表の青年部、婦人部と参加してきました。

□ 座談会の中では、女子部よりの感動の体験発表がありました。
自転車での帰り道、交通事故に遭い、意識不明の重体に、
頭はパンパンに腫れ上がり、一時は生死をさまよう状態であったこと。

そんな中、総県長から「完璧に治すんだ」と大確信の指導が両親に。
家族、そして地区のみんなが題目を送り続ける中、
1回、1回の大手術も完璧に見事に大成功。

40日の入院で、自分の足で歩いて退院することができ
現在では、事故前と同じように仕事ができるまでに回復したとのこと。
今回の座談会では、手作りの、イラスト入りのかわいい歓迎垂れ幕も
つくってくれました。

□ 副圏長からは、天皇陛下の心臓バイパス手術の医師団の御一人でもある
東大医学部O教授の仕事に向かう姿勢、2010年の聖教新聞の紹介記事などを
通しての指導がありました。

O教授の仕事に向かう姿勢が東大医学部より評価され教授に就任することになったこと、壮年部副本部長でもあるO教授は、大手術の前には題目をあげきって手術に臨まれることなど、超一流の方の体験だけに、改めて題目の力を確信することができました。

□座談会終了後、副圏長とも、支部長とも握手をかわし、来月の座談会を約束して帰路に。

□ 帰りの車中では、男子部のG君からは、会合で出会うだけでは聴くことのできない彼の仕事上での悩みや、未入会の両親のことなどを聞くこともできました。

□ 交流座談会、やってみて本当に良かったです。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村
by shin_f77 | 2012-03-18 00:06 | 座談会 | Comments(0)