ブログトップ | ログイン

十年一剣を磨け_沖縄へのエールも併せて

十年一剣を磨け
連載「若き君へ」への中での、池田先生からの新社会人へのメッセージです。
このメッセージを、青年層だけでなく、50を超え、60の還暦に残り10年を切った私たちをはじめ、壮年層へのメッセージと受け止めました

十年一剣を磨け
現在の職場で、今のセクションで9年目となります。他の部門に、そろそろ換わりたいと思っていましたが、
ここまで来れば10年やり抜いて、結果を残していこうと、腹が決まりました。
ちなみに、来週は、いまのセクション代表して、地元エフエムに出演することになりました。

十年一剣を磨け
40の手習いで始めたマラソンも、今年も10年目。今では、毎年、フルマラソン42.195kmを走りきることが出来るようになりました.私にとって、大きな人間革命だと思っています。

十年一剣を磨け
地区部長の任を受けてから8年目。流れは、いろいろ変わるけれど、やはり個人折伏はやりたい。
昨日も、Kジャーナルの啓蒙で会っていた友人と、流れは仏法対話に。
彼曰く、「親父が亡くなって、真言宗の坊さんを呼んだが、その坊さんが家業として
寺院を継いだだけという坊さんで、批判したら喧嘩になった。結局、戒名も位牌ももらえなかった。」
私「それは、素晴らしい」
彼、「そろそろ家に仏壇買って、親のことを供養したいと思う。できたら、仏壇は家具調がいいな。ところで、位牌もないし、仏壇に入れるものがないんだけど、何を入れたらいいのか」
私「そうそう、そこが大事なんだ・・」、ということで折伏をしています。

十年一剣を磨け
法華経の剣、磨いていきたいと思います。

写真は、沖縄へのエールを込めて
以前お世話になった、カフェくるくまのデザートです。

e0246189_11452792.jpg


ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村
by shin_f77 | 2012-05-27 11:08 | 日常の出来事 | Comments(0)