7月3日_弟子の勝利を祝して_虹がかかる

この2週間、思わぬ「大難」に直面、重苦しい戦いの日々でした。
「大難」の中身を具体的に語るには、もう少し時間がかかりそうです。

先週、必死の御題目をあげ抜くなかアドバイスを受けた
A弁護士の戦略は的中、
みごとな「勝利の決定打」を打つことができました。

必死の題目と、誠意ある言動は、どんな相手にも通じるんだということを
身を持って体験しました。
台風の暴風雨のなか、出向いた私の行動は、相手に大きな誠意を残すことが
できました。これも、どんな悪天候にも負けないという、学会での訓練のたまものです。

「行解既に勤めぬれば 三障四魔紛然として競い起こる」「賢者は喜び、愚者は退くこれなり」

今日の関西は、朝から大雨洪水警報が出る大荒れの天気、しかし夕方には
空は晴れ渡り、19時頃には東の空には、
師弟の勝利を祝して、虹がかかりました。

(携帯で撮ったので、虹が見にくいと思いますが・・)
e0246189_21581641.jpg


























ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2012-07-03 22:01 | 日常の出来事 | Comments(0)