3度目の大難

3度目の大難、「家族の思わぬ病気」、という大難にぶつかりました。
しかし、昨日、創価家族の皆さんから「手術の100%成功、完全勝利」を
祈りきるお題目を送っていただく中、手術は完璧に勝利しました。

24日の日曜版の聖教新聞に、山口県のドクター部の方が
扁桃ガンの手術を乗り越えた体験が載っていました。
明後日、家族が同じような手術をすることになる私にとって、
「今日、この体験記事を聖教新聞に載せていただいたのは、
決して偶然ではない、大激励のメッセージなんだ!」
と確信しました。

主治医からは、障害が残る可能性があると説明を受けていましたが、
「絶対に障害など残してたまるものか!完璧に大成功の手術にしてみせる!
執刀医の○○先生を仏の生命にしてみせる!」
と祈りきってまいりました。

術後、酸素マスク越しでしたが、しっかりと声がでて、普通にしゃべっている家族の声を聞いて、障害も残っていない、「100%勝ったな!」

病院から帰りの新幹線のホームで見つけた、雛飾りが、
手術の成功を祝ってくれているようでした。

信心を頑張っていて、巡り合う大難には、すべて何か意味がある、
縁あって大聖人の仏法を保った、私たちは一人ひとりは
それぞれに仏法を証明する使命があるんだと改めて確信する1日となりました。

e0246189_22523059.jpg


ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2013-02-27 22:55 | 日常の出来事 | Comments(0)