勇気_アウンサンスーチーの言葉

“国のためなら、利用されてもかまわない”

今日放映のNHKの報道番組に出演された、
ミャンマーの民主運動家、アウンサンスーチーさんの言葉を追ってみました。

15年間の軟禁状態を解かれ、国会議員として国政の場に復帰
真の民主国家への改革をめざす、アウンサンスーチーさんの前に
立ちふさがったのは、議会の4分の1を優先的に占める軍部と
圧倒的多数を占める軍部政権だったのです

そこで、スーチーさんは、勇気ある行動に出ます
これまで長年、敵対関係にあった軍部の会合に出席、
あいさつもします、友好対話も行います。

そうしたスーチーさんの行動に、これまでの支持者から、
批判の声が寄せられます。
“軍部政権に利用されているだけだ”
それに対してスーチーさんは応えます、

“国(ミャンマー)のためなら、利用されてもかまわない”

スーチーさんが、最も民衆に訴えている言葉は、

“恐怖からの自由”
そして“
勇気”

危うい、今の日本の政治状況、勇気ある友好対話に一歩踏み出したい。

今日の1曲は、アメリカSGIのウェインショーターさんが、
軟禁中であった、スーチーさんに贈られた曲、
“アウンサンスーチー”



ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2013-04-17 22:00 | 日常の出来事 | Comments(1)

Commented by カフェくくる うるとらまん at 2013-05-05 23:49 x
素晴らしい記事ですね。沖縄の壮年部です。私のブログに紹介したです。転載許可おながいします。