ブログトップ | ログイン

公示前_ラストサタデイ

参議院選挙公示前、ラスト・サタデイ、友人達に出会ってきました。

○ 高校の同級生T君、自営業で家業の醤油の製造販売を、奥さんと二人営んでいます。
T君「子どもが、大学卒業して、2人とも一緒に居るんだけど
就職が決まらなくてね、アルバイト暮らしで・・・当面の悩みはこれ」

○ T君の奥さん「こうやって、それぞれの国会議員が何をやっているか、女性議員の目線での取組とか、
説明してくれて、良くわかったわ、応援するわ」

○ 高校の同級生O君、1級建築士でありながら現在失業中、当面は専業農家。
O君「リーマンショックの頃、職を失い。後は、派遣で食いつなぐ生活に
・・・地元の市会議員は良く頑張ってるよ、応援しています」

○ 壮年部Kさん。仕事は山岳ガイド。週末は、ほとんど、信州か北海道。
ここ数か月、何度訪問しても出会えませんでした。
今日は、たまたま、在宅で出会うことができました。
「日曜日は、アルプスに登っています。本番では平日に行って来ます。」

それぞれ、自分の思いを語ってくれました。

「法華経の智慧」第1巻方便品の章に、次のようにあります。

「民衆を苦悩から救うために仏法はある。創価学会はある。人類を幸福にするために創価学会は戦う。
それ以外に存在意義はありません。」

「『宿命』とも思えるような困難な舞台も、すべて、本来の自己の『使命』を果たしていくべき、
またとなき場所なのです。その意味で、どんな宿命も、輝かしい使命へと転換するのが、
諸法実相の智慧を知った人の人生です。

そう確信すれば、希望がわく。出会う人々、出会う経験のすべてが、かけがえのない『宝』となる。

一人ひとりに、希望を贈り届ける、7月の戦いをしていきたい。

今日の1曲は、アルゼンチンSGIの歌う「森が崎海岸」です。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Commented by うるとらまん at 2013-07-08 11:30 x
暑い中の支援の戦いお疲れ様!今、普天間基地からのヘリコプターの騒音を聞きながらコメントをしています。進展のない基地問題。そして憲法問題。自民党の暴走を食い止めるには公明党の力が必要だとの認識は平和を願う県民には浸透しているようです。しかし、それが票につながるかは微妙です。残された時間、頑張りましょう。
by shin_f77 | 2013-06-29 22:17 | 日常の出来事 | Comments(1)