2つのありがとう_聖教CM

世界陸上女子マラソンをTVで見ていて、途中で流れてきたテレビCM、
結婚式の披露宴のクライマックス、嫁いで行く娘が、
父親に感謝の言葉を贈るシーン、

「なかなかいい感じ!」、公共広告機構ACのコマーシャルかと思いきや
聖教新聞のコマーシャルでした。
聞くところによると、この春位から、流れているらしい。

1分くらいの、コマーシャルとしてはロングバージョンで、
最後は「言葉と生きていく、聖教新聞」で締めくくります。
しかも、土曜日の19時台という時間帯の全国放送。

以前から、学会はもっと放送メディアをうまく使うべきだ、
と思っていたところで、今回のコマーシャルは画期的でした。
聖教新聞のコマーシャルというだけにとどまらず、
これからの創価学会の広宣流布の活動のあり方、
としても画期的だと思います。

聖教新聞、これまでと違った、新しい語り口で、
知人に語ることができそうです。

女子マラソンに刺激を受けて、11月の福知山マラソンに向けて、
新しいランニングシューズを買ってきました。
鬼塚喜八郎さんに敬意を称して、今回もアシックスを選びました。
11.18に向けて、出走の準備万端です。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村



e0246189_2240554.jpg

by shin_f77 | 2013-08-11 22:43 | 日常の出来事 | Comments(0)