プロポーズ・おてもと編_聖教CM

先日、副圏長より、3人の友人の方への聖教新聞の啓蒙用紙が、「新聞地区責任者」の私に届きました。3人の方とも常連の方で、「継続で」とメモがありました。

副圏長の場合、自治会長や人権指導委員など、長い間、地域の貢献に携わっておられます。その人脈の中での、新聞啓蒙ですから、無理がなく、友好活動の一環としてされています。

昨年、地域の交流センターで行われた、人権学習の研修会の中で、
「かつて、40年前、この地域に引越してきた当時は、創価学会員だというだけで、きちがい扱いで、村八分にあっていました・・・しかし、いまや、地域のリーダーは学会員の方が中心です!・・・」と宣言をされました。
その研修会の残るリーダーは、私と、小学校教諭のTブロック長と、全員学会員でした。
いまや、創価学会は人権教育のリーダーとなっている、と感慨深いものがありました。

その催しは翌日の地方版の新聞に、副圏長の講師の様子の写真入りで取り上げられました。

聖教新聞の2つめのCM、おてもと編をどうぞ。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


by shin_f77 | 2013-08-18 23:22 | 日常の出来事 | Comments(0)