地元最後の民音コンサート

地元文化ホールでは最後となる、民音公演
スウェーデンのアカペラヴォーカル・グループ
ザ・リアル・グループのコンサートに行ってきました。
普段座談会には出ない、嫁さんも民音コンサートだけは一緒に参加します。

民音公演に参加して、他のコンサートと比べてつくづく思うことは
聞き手のみんなが、手拍子が上手なこと、
そして、合いの手の上手なこと、
会場全体がぴったりと呼吸が合っています

そんな民音コンサートも、地元ホールでは今回が最後になるとのこと、
今後は、神戸国際会館など、大きな会場のみとなるとのこと
ちょっと寂しくなるかな、という気もしますが、

聖教ブックサービスも、セブンイレブンで取り寄せができるという流れの中で
民音も、新しい流れに切り替える時期が来ているということでしょう。

今日のザ・リアル・グループ、大阪弁まじりのナレーションに、
ビートルズナンバーや「小さい秋みつけた」、
アンコールナンバーはやはりABBAの「ダンシングクイーン」
と楽しませていただきました。



ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2014-09-28 23:40 | 日常の出来事 | Comments(2)

Commented by tomotiyoo at 2014-09-29 22:53
よかったでしょ~
綺麗な歌声ですよね
奥様の 感想も 聞きたいです
Commented by shin_f77 at 2014-09-30 22:29
音楽の話しって、盛り上がる話題にはなりますね。
民音の帰りに晩御飯食べにいって、彼らの歌のことや
これまでの音楽活動のことなど話に花は咲きますね。

前にコンサートに行ったのも、関西民音の八神純子でしたが、
それ以来ですね。

音楽は国境を超えるという言葉がありますが、
音楽は人とひとのこころを一つにする力があるようですね。