創価の風


創価学会の一壮年部shinが日々の思いを綴ります
by shin_f77
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
退任の決意
at 2016-11-09 20:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

守られた!

これまで信心してきて、何度か奇跡的に守られた!てことが何度かあります。

4年前の、友好活動の4月、
市外の知人宅で、対話に花をさかせた帰り道、
いいジョギングコースあったので、車の中でランニングスタイルに着替えて
10㎞ジョグにスタートしました。
車の中に財布を残してきたのが、気にかかりながら、車に戻ってきました。

車に近づくと、悪い予感がしたとおりに
助手席側のサイドガラスが、粉々に、

「やられた!」
車の中に置いていたリュックサックが無くなっていました。

貴重品も入った財布も含めて、すべてやられたと思って
近くの交番に行くことに。

「では、盗まれたものを、全部言ってください」
と聞かれて、われたガラスだらけの車の中を、確認をしていると

下のほうから、免許証やカードの入ったブリーフケースは、
奇跡的に盗まれずに、着替えたズボンの下から出てきました。
「やった!守られた!」
犯人は、あわてて、リュックサックだけを持って行ったようです。

「盗られたのは、下着のシャツ1枚と、脱いだソックス1足と、
景品でもらったリュックサック1つで、金額にして、1,000円位です。
車のサイドガラスは車両保険に入っているので全額保険で直ります。」

「わかりました、リュックサックは戻ってこないかもしれませんが
一応、盗難届を出しておきます。」

犯人は、私の友好対話で汗にまみれたシャツとソックスを、
盗んでいったようです。

先日、ある担当幹部の方も、昨年の12月の戦いの最中に、盗難、
空き巣に入られたそうです。

「被害はカバンを1つ、中に入っていたのは、大白蓮華1冊と、数珠と
経本、被害額約1,000円。犯人は大事なものが入っていると思って盗んでいったようです」
と笑いとばしておられました。

伝統の2月、魔が入るスキをつくらない「前々の用心」で、
対話、対話の月としていきたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2015-02-07 08:44 | 日常の出来事 | Comments(1)
Commented by 桜梅桃李 at 2015-02-15 20:55 x
こんばんは!お久しぶりです。
貴重品は持っていかれず、守られたんですね!
私も日々福運を積んで参ります!
<< 自分に負けんばい 春の戦い出陣式 >>