ブログトップ | ログイン

死んだはずだよ、副会長

先日、ご逝去されたはずの大先輩からフェイスブックでメッセージが届きました。
内容は「女の子が行方不明になっています。心当たりのある方は一報を」
というものでした。

昨年9月に、「10月○○日の日曜日のご予定はいかがでしょう。地区総会に入っていただきたいのですが・・」とメールを送ったところ
「申し訳ありません、その日は予定が入ってしまいました。お許しのほどを」と
REメールが。
副会長であっても、大変腰の低い、誠実な方でした。
大誓堂の勤行会でも導師をしていただきました。

その数週間後、お亡くなりになられたという一報が入り
10月○○日には、逝去されていましたので、予定とはそういう意味だったのか?
と本当にびっくりしました。

そんな、大先輩から、約1年ぶりにメッセージが届きました。
「女の子が行方不明になっています。心当たりのある方は一報を」

書き込みで「お父さんのパソコンから、誰がメッセージ送っているの!」と
コメントが入っていましたので、たぶん御子息が、
父になり代わって、全世界にメッセージを配信したのだと思います。
"お父さんだったら、こんな行動を起こすだろう”と

おもわず「お久しぶりです。大先輩!」とメッセージを送ってしまいました。
○○副会長の信心は、連綿と受け継がれています!

動画はスコットランド在住の音楽家、マーク・ホワイトさんの旅情こもる
調べです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2016-09-01 23:08 | 日常の出来事 | Comments(0)