創価の風


創価学会の一壮年部shinが日々の思いを綴ります
by shin_f77
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
退任の決意
at 2016-11-09 20:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:マラソン( 12 )


自分に負けんばい

先週の土日は、熊本市で行われた熊本城マラソンに参加してきました。
1週、地元を家庭訪問できなかったけど、
これから常勝長(関西では、この1月よりブロック長のことを常勝長といいます)
のところ家庭訪問してきます。

熊本城マラソンで、スタートブロックに並んでいると、
前の壮年ランナー、帽子の上には「がんばるばい」のミニのぼり、
背中には「自分に負けんばい」のゼッケンをして並んでおられました。

マラソンの方は、最後、熊本城の二の丸を昇るコースで、結構きつかったけど
どうにか完走できました。

次は、この春の、戦いを駆け上る番、ということで、
最近、しごとでも、プライベートでも、困難な問題が、これでもかと
やってきていますが、今こそ、必ず勝って、
学会正義を証明してみせるばい!、との思いで
題目あげて、がんばるばい!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

e0246189_11551373.jpg


by shin_f77 | 2015-02-22 11:58 | マラソン | Comments(0)

襷の意味

e0246189_22261284.jpg


先日の箱根駅伝での秘話

最終ランナー10区を走った沼口君が、何故ゴール寸前で、襷(たすき)を
はずしたのか、みんが疑問に思いました。
アナウンサーも「勘違いしたのでしょうか?」と
この襷の意味について、沼口君自身が、ツイッターでこのようにツイートしてくれました。

 なぜ最後に襷を取ったのか?
 記者の人にたくさん聞かれたし
 見ていた人も疑問に思ったと思います。
 
 襷は来年に「つなぐ」という意味で取りました。
 後輩達に来年もこの舞台で走ってほしいと思い
 来年の1区に襷を渡したつもりです。

素晴らしい、創大生です。
このような想いを、そのまま行動に移せる、
テレビを見ていた多くの方に、さわやかな感動を送りました

ところで、話はかわって、
本日、わが地区では
躍進の年、最初の地区協議会をとりましたが、
かつてない協議会となりました( ^^) _U~~

なんと壮年部ブロック長が3人全員!!
おまけに男子部本部長!、そしてK副支部長、そして私と
月曜日の地区協議会に
6人もの!壮・男が集まったのです(^_-)-☆
壮年部の参加が、婦人部の参加(4人)を上回るなんて、
地区部長を9年していますが、はじめてのことです

眠れる獅子かと(?_?)思っていた、わが地区の壮年部にも、
ことしは何かが起こるかもしれません
(ちなみに、数か月ぶりに地区協議会に出てきたTブロック長は創大OB)

創大の駅伝チームが、大きな波動を起こしている、そんな思いがしてきました。
躍進の年が、本格稼働しはじめました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2015-01-05 22:32 | マラソン | Comments(2)

誓いを果たす_創価大学_箱根駅伝

昨日の箱根駅伝、創価大学駅伝チームはみごと、
往路のたすきをつないで走り切りました。
一区を走った、主将の山口君は一時、
一位グループの中から抜け出しトップに立ちました。

そこは、ちょうど鈴が森から大森町に至るコースで
大森海苔漁師の町があったところ。
池田先生の生家があった場所だったと
東京の知人にあとで伺いました。

山口君は、2年前の箱根駅伝に学連選抜のメンバーとして、
創価大学のユニフォームを着て、初めて箱根駅伝に出場。
その日から、次は創大チームが箱根駅伝に出場できるために
貢献するんだ、と頑張ってきたそうです。
みごと、その誓いを果たしました。

躍進の年のスタートを、走り切る創価大学駅伝チーム、
今日も応援しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

e0246189_0192774.jpg


by shin_f77 | 2015-01-03 00:23 | マラソン | Comments(4)

和歌浦ベイマラソンwithジャズ

人生はマラソンの如し、マラソンは人生の如く

10年前から、ほぼ毎年参加している、和歌浦ベイマラソンwithジャズ(ハーフマラソン)を走ってきました。
2年前からコースが変わり、途中、雑賀崎の山越えがあり、登りきると和歌浦、太平洋が見渡せ、絶景がまっています。
e0246189_2323452.jpg
e0246189_2330579.jpg

あとは海岸前沿いをゴールに向かうのですが、この大会は、沿路から、各コーナーで、ジャズの軽快な生演奏の応援があります。
また、今日は天候にも恵まれ、波打ち際の、波の音と生演奏に応援されながらの
大満足のマラソン大会となりました。
20㎞地点手前の一番苦しいところで、この曲に応援してもらいました。
 


ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2013-10-27 23:23 | マラソン | Comments(0)

神戸マラソンが早いか、衆議院選が早いか

先日、6月に落選が決まっていた神戸マラソンについて
「追加抽選の結果、当選が決まりました」と大会事務局から1本のメールが届きました。

やった!社会保険労務士試験も終わることだし(各科目1点ずつ足らず浪人決定)、さあ、秋はマラソンのシーズン
11月25日の本番に向けて、本格的にトレーニングに打ち込もうと思いきや、

翌日の一般紙朝刊の1面に、「衆議院10月○日解散、11月○日総選挙か!」との
ニュースが。

もし、マラソン大会と衆議院選がバッティングしたら、選挙を優先せざるを得ないのですが、いずれにしても、この秋はマラソンで神戸の街を走り回るか、選挙戦で神戸の街を走り回るかのようです。

勝負事の好きな私にとって、“生煮え”から、1日も早く脱して、“本番”はいつなのか
はっきりと決めてもらいたいものです。

e0246189_2313680.jpg



ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2012-08-27 23:17 | マラソン | Comments(0)

向かい風を味方に変えて

ロンドンオリンピックも感動の17日間に幕を閉じましたが、
選手の皆さん、お疲れ様でした。

注目をしていた男女マラソンは、ロンドン市街の観光地めぐり3周の
くねくねコース(日本のマラソン大会では考えられない)に、
日本人選手はやられてしまったようですが、
次のリオデジャネイロ大会での活躍を期待したいところです。

4年前の東京マラソンの前日イベントで、有森裕子さんが
出場するランナーへのメッセージでこんなことを言われていました。

「・・・向かい風が吹いてきたら、できるだけ風とケンカをしないこと、
 向かい風を味方に変えるような走り方をすることがコツ」

学会の会合で、私たちは、よく
「~戦ってまいりたいと思います!」という
決意発表をするのですが、
戦う相手は、あくまで自分。

以前は、何かにつけ“魔”と、
不用なケンカをして、
無駄な体力と生命力を消耗していたのですが

最近は、日常生活でも、仕事でも
“魔”のような相手が目の前に現れたら、
「やってきたな、魔め!“諸天善人”に変えて見せる!」
と祈って、動いて、
できるだけ、ムダなケンカはやめて、
敵のように見える相手も、味方に変えるようにしています。

国家試験が、いよいよ10日後にあり、受験対策にほとんど
かかりきりの夏でしたが、これが終わったら、
友好活動に、マラソンの練習にと、
本格的に、“秋の戦い”を開始したいと思います。

e0246189_20335735.jpg


ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2012-08-16 20:36 | マラソン | Comments(0)

オリンピック_メダリストを“生んだ”魂の靴

いよいよロンドンオリンピックが始まりましたが、
50年以上に渡って、オリンピックに出場するランナーたちの
足を守り、メダリストを生んできた一壮年部の方がいます。
アシックスの創業者、鬼塚喜八郎さん。

鬼塚さんの入会当時のことを「池田大作の軌跡」では次のように書かれています。

   「もっと会社を立派にしようと思ったら、
  あんたの生命力を強くする信仰をせなあかん。人間革命することや」
  近所の美容師さんが学会員だった。
  “髪結いおばさん”と呼んで、長く慕ってきた。
  「それが従業員を幸せにしていく根本の道やで」

   座談会に足を運んだ。だれもが苦労を背負っているが、屈託がない。
   からりと陽性。笑顔で励ましあっている。

  これや!
  池田SGI(創価学会インターナショナル)会長の思想を学び、
  経営理念に反映させた。
  「自分の幸せだけではいけない。同時に他者の幸福を可能にすることで、
  社会に寄与する経営でありたい」

  1グラムでも軽く、衝撃をやわらげるシューズを開発し、スポーツ文化の向上に貢献した。
  “裸足の王様”と呼ばれたエチオピアのアベベにシューズを履かせ、マラソンで優勝させた。

  シドニー五輪の金メダリスト高橋尚子も、鬼塚に「靴がピッタリでした」と感謝した。
  アテネのマラソンで優勝した野口みずきの足元も守った。

   執務の合間に手を休め、 よく聖教新聞に目を通した。
  つと目を上げ、秘書に話しかける。

  「池田先生は、こんなに世界から顕彰されて、ほんまにすごい。こういう人は、
  二度と出てこうへんわ」2007年(平成19年)9月29日に永眠した。
  池田会長と共に写った記念写真を生涯の宝とした。

今回のロンドンオリンピックのマラソン出場選手では、
藤原新選手や重友梨佐選手が、アシックス・ユーザー。
彼らをはじめ、全選手の熱い17日間を応援していきたい。

(歴代女子マラソン・メダリストが使用したマラソンシューズ)

e0246189_1127166.jpg


ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2012-07-29 11:31 | マラソン | Comments(0)

東京マラソン2012おめでとうございます

東京マラソン2012、完走された皆さん、おめでとうございます。
私が出場させていただいた第2回大会で、日本人トップだった、藤原新さんが
今回の大会でも活躍、ロンドンオリンピック出場を決められました。
藤原新さんおめでとうございます。
是非もう一度、抽選に当選して「常勝関西」の旗を背負って、東京マラソンに出場したいものです。
前回、走りながら、撮影した写真(日比谷~品川のコース上での撮影)。
e0246189_23455970.jpg

















ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2012-02-27 23:50 | マラソン | Comments(0)

威風堂々と走りたい_京都マラソン

今日、地区唱題会から帰ると、来月11日に行われる京都マラソンの参加案内状が
届いていました。
全然走りこめていませんので、出走は断念しようと思っていましたが、ゼッケン引換券を見て、残る4週間、かつての練習を思い出して、走ってみようかなと思ってきました。

それに、京都では、学生部時代お世話になった、地区の皆さんもいる、
途中まで折伏していて、そのままになっている同級生もいる、
聖教新聞を、間借りしていた部屋まで、毎日持ってきてくれた大家さんもいる
そうして方に久しぶりに出会うこともできます
折伏がしたい、と思っていたので、いい対話ができるかもしれません
今回の大会は、土曜日受付なので、前日には行かないといけないので、いい機会です。

今日の唱題会で、3月の地区座談会は、3月17日と決まりました。
これで、3月の戦いの流れができてきたみたいです。

♪ 北山南河は邪宗の都 威風堂々と正法かざし 駒を進めば草木もなびく

e0246189_05434.jpg


ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2012-02-13 23:49 | マラソン | Comments(2)

良き祈り、良き走りとβ-エンドルフィン

ランニングを続けておられる方は、皆さん経験があるかと思いますが
走り始めは、足が重く疲労感があるのに、ある程度長い距離を走り続けると、ある時点で疲れを忘れて、走っていることが気持ちよくなり、「幸福感」を感じるようになってきます。
いわゆる「ランナーズハイ」ですが、これは、β-エンドルフィンというホルモンが、脳から分泌されているためと、医学的に考えられています。

最近、脳科学者の中野信子さんが潮9月号、12月号と、2回にわたって、β-エンドルフィンと祈り、そして行動との関係について、医学者の立場から明確に論じておられます。

「前向きな心でいるとき、笑顔のとき、感謝の気持ちを持つとき、脳内にはβ-エンドルフィンが分泌されます。よい祈りとは、祈っている当人の脳にもよい影響を与え、幸福感を与えるものになるのです。(潮9月号)

「脳には、何らかの目標を達成することで大きな喜びを感じる、という性質が備わっています。達成感を感じれば、報酬系が活性化し、脳内快感物質が盛んに分泌されます。しかし、報酬系はかんたんな目標では活性化しません。困難な目標を達成したときこそ、たくさんの脳内快感物質が分泌されて、大きな喜びを感じます。(潮12月号)」

地区では、来年「青年学会・拡大の年」に向けて、もうすぐ地区討議を行います。
来年は、もう少し簡単にできる目標にしようかな・・と考えていましたが、
考え直しました。
今年掲げて、できなかった目標に再チャレンジし、
来年こそは地区のみんなで達成感を、そして歓喜の中の大歓喜なりの信心を達成したいと思います。

(写真は神鍋高原マラソンに出場したときのもの)
e0246189_13572790.jpg
















ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2011-12-10 23:28 | マラソン | Comments(0)