ブログトップ | ログイン

先日、ある精神科医の先生を講師に招いての講演会があり、参加してきました。
その中で、最近の日本、アメリカ、中国、韓国の高校生の「心と身体の健康」
についてとったアンケート結果を引用しての場面があり、

自分自身をどう思うか、という問いに対し
「私は価値のある人間だと思う」と回答したのは
日本 36.1%
アメリカ 89.1%
中国 87.7%
韓国 75.1%

″自分を価値のある存在だと思えない“高校生が6割を超えるというのが
今の日本の現状で、
それに比べ、中国、韓国の高校生の自己肯定感の高さ、
日本の将来は危ういと感じました。

精神科医で学会ドクター部の於保哲外氏は
ドクター部白樺会の合同部員会での講演で、次のように語っています。

今の自分に点数をつけるとすると、100点満点で何点くらいつけられるでしょうか。ちょっと考えてみてください。(中略)

それでは、100点と思う方。お二人。ありがとうございます。
このお二人以外は全員信心をしていないことになるのはおわかりですか。
大聖人の仏法というのは先ほど図々しく、図太く、たくましくとありましたが、
自分を100点満点と見る宗教なんですね。

信心。信じる心と書きます。何を信じるか。御本尊ですね。また、法華経でしょう。
では、法華経を信じるというのはどういうことなのかと考えてみると、
自分自身が妙法の当体であると信じることですね。

頭は妙、喉は法、胸は蓮、腹は華、足は経。自分のこの生命が南無妙法蓮華経なんだと、妙法の当体なんだと信じることが信心だと教学で学びましたね?
とすると、自分自身を60点ということは、南無妙法蓮華経を60点とつけることになってしまいます。(中略)

自分自身に「自信と誇り」を持つ生き方が一流。すなわち、「自分が偉大な仏なんだ」と「100点満点なんだ」と見ることは、一見、慢心に見えるけれども、実は、それは一流の生き方なんです。
だけど、これは慢心に似ているから、これを「法華の慢」という。「法華の慢」は正しい。根本が、慢心と正反対ですから正しいんです。
 池田先生が、「皆さんが仏です。騙されてはいけませんよ。」と何回もおっしゃいました。
だけど師匠の言っていることを信じない人が多い。
「本当は違うんだけど、先生は我々を激励するために『皆さんは仏だ』と言っている」と受け取る。師匠の言うことをたとえ激励と言いながらも、本当は信じない。
これこそ傲慢ではないでしょうか。

 一見、慢心に見えるんです。また、ずうずうしい、図太いというのは人から嫌われるように思うんです。だけど、これで行くと不思議に開けてくる。そういういろんな例を見るにつけ実感するんです。
 今、多くの真面目な方が行き詰まっていらっしゃる。その根っこに実は「念仏思想」、「村の文化」があるんです。これからの日本は、この「村の文化」では世界から相手にされなくなってくる。自立的な「海の文化」としての法華思想を、いよいよ世界に宣揚をしていく時代が来た。
(以上、ドクター部の於保哲外氏のドクター部白樺会部員会での講演より)

長い引用となりましたが、今、国会でも18歳参政権が本格的に議論されており、今の高校生の意識の現状をふまえると、大聖人の仏法を保つ、我々の使命を大きい。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



by shin_f77 | 2014-11-30 18:25 | 未来部育成 | Comments(0)

2030年への夢と決意

「2013年11月18日には先生に勝利の報告をさせていただきます。」と誓いを立てた、
その日がやってまいりました。

地区で協議した結果、
うちの地区らしく、未来部全員で、
一人一人の、2030年へ向けた「夢と決意」の署名をアルバムにして、お届けし
「勝利の報告」としようということになりました。
そのアルバムが本日完成しました。

そこには、就学前から少年部、中等部、高等部までの、24人の未来部たちの
自筆で書かれた、それぞれの「夢と決意」が
おもいおもいに書かれていました。
「水族館の職員になって子ども達に夢を送りたい」
「パテシエになって、みんなにおいしいケーキを食べさせてあげたい」
など、子どもらしいほのぼのとした夢、
「世界のプロサッカーリーグで活躍する」「世界一のダンサーになる」
といった、頼もしい夢も書かれていました。

私自身は、2020年には還暦、2030年には70歳を迎えていますが
未来部とともに、改めて決意しました。
60歳になるまでに、一家和楽の信心を完成させること、目標の国家資格試験に合格すること。
70歳になるまで、フルマラソンを完走できる、健康と体力と執念を維持すること
2030年まで地域の広宣流布の活動の第一戦で活動し、
地区に新しい青年学会を築くこと
今日をスタートとして、未来部のみんな、同志の皆さんと共に、楽しく、走りぬいていきたいと思います。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村
今日の1曲はこの曲です。

by shin_f77 | 2013-11-17 00:38 | 未来部育成 | Comments(0)

我が家の学生部員の引越しのため、熊本に行ってきました。
熊本に行くたびに、必ず寄るのが水前寺通りのラーメンと炭火焼のAさん。
初めて、熊本に行ったときに偶々入ったこの店に公明党のパンフが置いてあったことから、関西に友人がおられないか、声をかけさせていただいたのがきっかけです。
以来、おかみさんのAさんからは、昭和20年代の熊本広布の草創の頃からの話しを聞かせていただいたり、頑張っている学生部の方を紹介していただいたり、お世話になっています。
入会は昭和29年、創業は昭和32年。多くの学生部たち、青年部たちが、この店で 語り、成長し、巣立っていきました。
熊本広布と炭火焼とラーメンの味を守り続けておられるAさんには、これからもお世話になります。

e0246189_2302691.jpg

















ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村
by shin_f77 | 2012-02-27 23:01 | 未来部育成 | Comments(0)

昨年まで、地域に貢献する、地域に実証を示す壮年部を目指して
ある高校のPTA役員を4年間させていただいていました。
3年目には会長をする羽目になり、せっかくの機会やから、
学会精神あふれるスピーチを母校に残してやろうと、奮闘をしてきました。

「疾風に勁草を知る」_これは、そのときの卒業式で校長先生が
卒業する高校生たちに送られた言葉です
中国の後漢書の言葉で
「激しい風が吹いて初めて強い草が見分けられる。
転じて、苦難や事変に遭遇して初めてその人の信念や意思の強さが分かる」という意味です。
学会精神にも通ずる、含蓄のある言葉です。さすが、一流の教育者です。

その高校を卒業した、ある高等部員は、その年、ある難関学部を目指していましたが、
センター試験で思うように点数が取れず、どの予備校の判定でも、合格可能性30%以下、
一旦は、あきらめて、1つランクを下げて、願書を準備していました。
しかし、願書を提出前に、卒業してからの目標を思い出し、
30%にかけることにしました

そして二次試験で見事挽回、合格を勝ち取りました。
入学後、本人に合格点数が通知されます。
なんと1,150点満点中、合格最低ラインを0.7点差で合格を勝ち取っていたのです。
センター試験か、二次で、あと1点でも落としていたら不合格だったのです。
0.7点が人生を決める、このことをその高等部員は身にしみて知りました。

彼が合格した大学は、校門のすぐ隣に創価学会文化会館がある、抜群の環境です。
使命ある大学で、彼は、現在学生部として頑張っています。

今年も、センター試験が終って1週間、受験生は人生を決める選択の岐路に立たされています。
使命ある道を歩めるよう応援していきたいと思います。
by shin_f77 | 2012-01-28 23:11 | 未来部育成 | Comments(0)

青年学会 拡大の年が開幕しました。
昨日は元旦勤行会に参加、地区を代表して

「4者の間での対話の拡大、
家庭での未来部との対話の拡大、
青年層、青年部との対話の拡大、
対話の拡大で地区に青年学会を築いていきましょう!!」
と1分間決意をしてきました。

自宅に帰ってみたら、前回紹介しました、
龍谷大学講師猪瀬優理さんの「信仰はどのように継承されたか
~創価学会にみる次世代育成~(北海道大学出版会)」が宅急便で、
届いていたので、一気に読んでみました。
その中で、興味深いと思ったところを中心に、紹介させていただきたいと思います。

著者は、北海道札幌市の学会員世帯1,230人を対象に、
「世代間信仰継承の解明」をテーマにアンケート調査をされており、
そのうち回収できた822人の方の回答をもとに、
様々な角度から、“信仰の継承”について、分析を行い、論じておられます。
回答のあった822人の方は、ブロック幹部・地区幹部以上の活動家の方が93%以上を占めており、
学会2世、3世の方がおおよそ50%を占めています。

この中で、学会2世の方に、「信仰を受け継いだ要因」を聞いたところ、
トップが「母親の信仰の強さ」で34%、
次いで「自分が信仰の大切さに気がついた」が28%で
一方「父親の信仰の強さ」は4%、「良い男子部・女子部」は3%
という結果であったとのことです。

圧倒的に母親の信心の存在が大きく、
父親の存在は影が薄いという結果でした。

また、信心に熱心の取りくもうとしたきっかけを作った学会員で、
最も重要な人物は、という問いに対し
最も多いのが、「友人」で18.9%、
次いで「近隣の人(地区のメンバー?)」13.2%と、
「母親」10.7%を上回っています。

身近な友人や地区等の身近な学会員が重要な役割を果たしているようです。

また発心の動機は、
「悩み、問題ができたから」が44%、
「池田名誉会長の人柄、思想、行動、書物などに惹かれて」が15%
「学会の会合、学会員の良さに気がついたから」が12%で

一方「熱心な家庭訪問を受けたから」は8%
「親から学会活動をするように熱心に言われたから」は2%
という結果となっています。

やはり、自発的な信心の発露により発心した方が多く、
口うるさく周囲が言ったからといって発心するものではないと言うことでしょうか。

こうした結果から、やはり
「父親的な」権威的な信心や、権力的な存在ではなく
「母親的な」生活に即した信心、対話の中での身近な存在に
信心は継承されていっているようです。

ハードパワーという言葉は「軍事力」とか「経済力」とかを意味するようですが
人の振る舞いに置き直せば、
「圧力的な態度」とか「一方的に、数字でものを言わせる態度」とかいったところ
でしょうか。

学会の幹部には、一部、旧態依然とした方も、まだ残っているようですが
21世紀の創価学会に相応しく
対話の力で青年学会を築いていきたいと思います。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村
by shin_f77 | 2012-01-03 10:58 | 未来部育成 | Comments(0)

今年夏頃から、「未来部の育成」、そして「青年部の弘教拡大」が注目を集めています。

うちの圏の青年部も見事に成長しており、総県内でもトップクラスの弘教の結果を出しています。
また、未来部(少年部~高等部)もうちの地区では、毎月の座談会に50%以上が参加するなど成長してくれています

そのような中、1月号第3文明では「信仰の継承」が特集で組まれていましたが、その中で龍谷大学社会学部講師の猪瀬さんが「信仰継承率」という分析をされています。
猪瀬さんの調査(札幌市の学会員世帯を対象に調査)によれば、札幌市の活動家の学会世帯の場合、
学会二世世代への信仰継承率は60%以上という結果が出されているとのことです。

信仰継承率の詳しい定義までは、触れられていませんでしたが
うちの地区の男女青年部をあらためて振り返ってみれば、
学会二世、三世の「信仰継承率」を
①勤行・唱題をしている ②会合にでている ③聖教新聞を読んでいる
の3項目をすべて継承していると定義した場合、
33%という厳しい数字が出ました(これには親が未活動家の世帯も入っています)。
最近自ら入会した青年部を含めて、やっと40%程度というところです。

「青年学会 拡大の年」に向け、折伏弘教で引っ張っていっているのは、一部の“スーパーマン”地区リーダーや、“スーパーマン男子部長”で、数の上では一部の青年部というのが現実。

また、今のところ、順調に育っているように見える、少年・少女部も持続した取組がなければ、中等部、高等部、学生部、青年部と年を重ねる中で、1人もれ、2人もれ、と信心から遠ざかっていかないか危惧されます。

これまで戦いの流れが変わるたびに、特に公明党の支援に流れが変わるたびに、未来部の育成は後回しにされてきたように思います。

公明党の支援のたびに、いつのまにか、日程表から未来部の会合が消えていたということをよく経験しました。

後継の育成について、この前の地区討議では、婦人部とも意見交換しました。
例えば、うちの地区婦人部長の場合、学会二世なのですが、未来部のときのことを聞いてみたところ、自宅が地区の拠点で、選挙のたびにたくさんの学会員の方が集まってきていたから、そのまま女子部、婦人部と信心してきたとのことです。
このような恵まれた家庭環境の方は、未来部のごく一部です。

18年後の2030年創立100周年のことを考えれば、
公明党の支援のたびに、未来部の育成が忘れられてしまう、
ということがないよう肝に銘じていきたいものです。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村
by shin_f77 | 2011-12-29 22:41 | 未来部育成 | Comments(4)