創価の風


創価学会の一壮年部shinが日々の思いを綴ります
by shin_f77
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
退任の決意
at 2016-11-09 20:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧


新しいブロック誕生へ

うちの地区は長年、青空ブロックと大樹ブロックという2ブロック体制でやってきましたが、ここ数年転入などで、世帯が増え続け、バランスが悪くなってきました。
今日の協議会で協議した結果、
「それでは、もう1ブロック増やして、3ブロック体制にしよう!」ということになりました。

「それじゃ、新しいブロック長は、男子部を卒業したHさんがいる」
「白ゆり長は、あの副白ゆり長がいる」と声があがり
地区という組織に、“新しい空気”が、さーっと流れました。

学会の組織のつくり方は、行政や企業社会の考え方とは、明らかに違います。
行政や企業社会は、合併や統合を繰り返し、合理化しながら組織を大きくするのに対して、
学会は、新しい人材を発掘し、育成しながら、組織を大きくしていきます。

大阪ダブル選挙で、「大阪都構想」を掲げる橋下さん圧勝の
翌日の我が地区の新しいニュースでした。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2011-11-28 23:10 | 協議会 | Comments(5)

3.16へ向けて、リアルタイムな折伏を

「最近の折伏は、リアルタイムな折伏が多い」
今日の壮年部、男子部合同の創価師弟塾で、県長が最近の折伏をこのように表現されていました。
月に1回のペースで開催してきた壮男の創価師弟塾も、今回で第7回となります。

□ 日曜の朝の会合なのに、男子部の司会者の「今晩は!!」で始まった会合。
(男子部は、昼間の会合はあまり経験がない)
冒頭は、男子部有志による寸劇「魔との戦い」。
 朝の布団の中から始まる「もう少し寝たい」という魔との戦い、
 唱題をしていてのこの辺で止めたらという「魔のささやき」というショートストーリー
 「主人公大介」と「魔」と「仏」の3人で演じていました。

□ 壮年部は幹部自ら体験発表。
 今回はM支部長が、自らの入信のときの状況、
 結核にかかり長期入院中に素直な信心ができるようになったこと、
 そしてこれまでの先生との3回の出会いを語っておられました。

□ 県長より、新・人間革命第3巻を通して、折伏についての指導。
 最近の折伏は、リアルタイムな折伏が多い。
 (英語が得意な県長らしい表現です)
 機が熟している。即断即決。その場で、やってみますと決意する折伏が多い。
  
 折伏の成果に功徳があるのではない
 仏法を語っていくところに、折伏していくところに功徳はある
 題目をあげても、「祈り」がなければ通じない
 涙を流すくらい、相手のことを祈っているのか、

次の3.16へ向けて、新たな決意をする師弟塾となりました。

 下のバッチは、今年年頭に、婦人部から任命を受けたINORITAI(祈り隊)の
 隊長のバッチです。
e0246189_14243985.jpg
















ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2011-11-27 14:27 | 青年学会 | Comments(0)

仏と魔との戦い11.18

11月18日に私が東京に行っている間、私の職場は大変なことになっていました。
私の同僚が、11月18日、車で通勤中に、大事故に遭ってしまったのです。

みんなから、聞いたところによると、
同僚の運転していた軽四は、対向車のトレーラー車と衝突し、3回転し、そこへ別のトラックが来て、また逆方向に2回転するという大事故だったそうです。

生命がなくても不思議ではない位の大事故だったのですが、
諸天に守られ、全身打撲と手足の骨折をしたものの、生命には別状はないとのことで、
翌日には、入院先の病院から、本人から上司に連絡もあったようです。

実は、同僚のお母さんは学会員で、強盛な信心をされているようです。
同僚もその母の強盛な祈りに、間一髪守られたのかもしれません。

同僚は当分、職場復帰できそうもありませんので、
私は、同僚がやっていた仕事を引き受けることになってしまいました。

11.18を晴れやかに迎えましたが、戦いがすすめば
一方でいろんな形で、魔も競って来るということを、改めて痛感いたしました。
広宣流布は、どこまでも魔との戦いであると痛感しました。

仕事も1.5倍位忙しくなってきましたが、後退することなく、地区部長の戦いをしていきたいと思います。

写真は、11.18に学会本部で、地区の皆さんへとお預かりした記念のカードです。
e0246189_20384091.jpg

















ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2011-11-23 20:41 | 11.18創立記念日 | Comments(2)

11.18記念金太郎飴

11月18日無事、東京麻布であった会議に出席、会議終了後その足で、学会本部にかけつけました。(重い荷物をもっての、東京での移動は大変)
そして、接遇センターで行われた、この日最後の17時40分からの「11.18記念勤行会」に参加することができました。
鈴木副会長の導師で勤行、大阪の男子部の音頭でお祝いの万歳三唱を参加者全員で行い、
そのあと、1階受付で、担当幹部の方に、地区の10年間の歩みを写真で綴るアルバムを、受付票といっしょにお渡し、無事私の役目を果たすことができました。

記念品として、来館記念のポストカードや、11,18記念の海老せん、三色に型どられた「金太郎飴」を、地区の代表の方にと7セットいただきました。

「金太郎飴」で思い出したのが、男子部時代に受けた薫陶、「金太郎飴のように、身体のどこを切っても、学会精神が出てくるような信心をするんだ・・」。

最近ダイバーシティーさんのブログでも、「体のどこをきっても師の思想と哲学がほとばしる・・」と書かれていました。

今日は、地区婦人部長、ブロック長、白ゆり長宅に、この金太郎飴をお届けしたいと思います。
e0246189_8371472.jpg















ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2011-11-20 08:39 | 11.18創立記念日 | Comments(2)

一人の青年部が四者に波動を起こす

男子部のH地区リーダーが本尊流布をして以来、地区に戦いの勢いが出てきたように思います。
特に、婦人部が喜んでくれ、次の折伏へと勇気を出して挑戦していると次々と報告が入ってきました。

□ 婦人部のHさん、娘さん夫婦を折伏すると決意され、今度県婦人部長に会っていただくとのこと。

□ 女子部のTさんも、来年結婚する予定の彼を入会させ、結婚したいと決意。

□ 壮年部、錦宝会の今年92才になるYさん、先月に続いて新聞啓蒙、1部6ポイントの啓蒙をしましたと
  啓蒙用紙が届きました。

□ 男子部H地区リーダーのお兄ちゃんも、この1年間位ご無沙汰でしたが、弟に触発されてか、久々に
  座談会に参加。

あさって、18日には、久しぶりの東京出張が入り、先日から壮年部で作成してきた、2001年からの10年間記録のアルバムを、会議終了後、学会本部に届けます。

表紙にはTブロック長(中学校美術教諭)のかかれた、地区の遠景の風景画をつかわせていただき、今回のH地区リーダーをはじめ、青年部、未来部ががんばっている姿を、アルバムに添えて報告させていただきます。
e0246189_2321952.jpg
















ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2011-11-16 23:05 | 青年学会 | Comments(2)

男子部が本尊流布をやりました

うちの地区でも男子部が本尊流布をやりました。
折伏をしたのは、男子部地区リーダーのH君。

平成元年生まれの彼は、はやくも2人目の折伏です。
相手は、職場の同僚Iさんで、9月頃から、H君と一緒に勤行をやってきました。
先日の支部総会でも、最前列で参加されていました。

今回の折伏では、地区の四者をあげて、応援の題目を送ってきましたので
喜びもひとしおです。
H君、おめでとう!

昨日は男子ゴルフでも、平成生まれの石川遼がホールインワンを達成し、
同じく平成生まれで19才の松山が優勝していました。

学会もこれからは、平成生まれが頑張る時代かなと、予感をさせる1日でした。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2011-11-14 21:31 | 青年学会 | Comments(2)

SGIメンバーから学んだ信心の姿勢

うちの圏にKさんというカナダ出身のSGI壮年部の方がおられます。
阪神淡路大震災のあと、こちらに引っ越してこられました。

奥さんが圏副婦人部長をされており、前回、一緒に座談会に入っていただいたとき、
これまで、忘れてかけていた“本来の信心の姿勢“を学ばせていただいたように思います。

□ 座談会の冒頭、司会が「学会歌『常勝の空』、指揮は、男子部・・」といった瞬間、
 Kさん自ら「ハイ!」と学会歌の指揮を志願され、男子部と一緒に″飛び入りで
 指揮をとっておられました。

□ 会合終了後、私の勤行の導師の仕方について、1つ1つご指導をいただきました。
 鈴を鳴らすとき、これまでずっと数珠を両手にかけたまま、叩いていたのですが、
 Kさんいわく「それはブサイクネ、数珠は片方離して叩いたほうが、いい音が鳴る・・」
 とご指導を。

□ また、「鈴の音が悪いネ」と。これまで、真横からゴ〜ン、という″除夜の鐘みたいな音で
 鈴を叩いていましたが、Kさん曰く「モット角度をつけて、上の方を叩いていい音を鳴らさないと
 、魔をヤブレナイ・・」と。

□ そして「題目のスピードが遅いネ、SGIでは、もっと勢いのある題目を上げている・・」

この日以来、座談会や、協議会での勤行が少し変わりました。

これまで、日本の学会員が忘れかけていた、本来の信心の姿勢を、教えていただいたような気がします。
  
ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2011-11-13 22:02 | SGI | Comments(2)

「健康」と認められた激励のおふさ

先日の本部幹部会、SGI総会の同時中継の中で印象的だったのが、
池田先生が、来日したSGIメンバーに、退場される前に何度も何度も「健康が大事だよ」「良く眠るんだよ」と激励されている場面でした。

「健康が大事だよ」という言葉を聞いて、男子部時代に第4回世界平和文化祭の出演メンバーとして訓練を受けたときに、先生からいただいた1枚のおふさを思い出し、
20数年ぶりに、引き出しの奥から出してきました。

そして、当時の、文化祭の練習、「100日間闘争」を思い出しました
毎日仕事を終えてから、車で高速を飛ばして、19時に大阪南港の練習会場に
かけつける、そして練習を終えて、拠点で勤行・唱題して帰るのは、毎日、24時をまわるという、極限の戦いでした
また、昼間は職場の先輩からのパワハラに耐えながら、忍辱の100日間闘争でした

そんな時、当時モダンダンスのインストラクター隊として戦っていた私に届いたのが、
「健康」というおふさです。

今、50才を超えて、「健康」に関しては誰にも負けないという人生を歩んでいます。
フルマラソンも完走できます、人間ドックに行っても健康そのものです。

先生から、若き日にいただいた激励と薫陶があって、今の自分があるんだな、改めて感謝したいと思います。
e0246189_8554556.jpg

e0246189_8571779.jpg


ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村  

by shin_f77 | 2011-11-13 09:30 | 青年学会 | Comments(0)

地区座談会からブロック座談会へ

□ 今月の11.18記念座談会は、うちの地区はブロック座談会で開催します。
  特に○○ブロックは、この9月に男子部を卒業して、壮年部に進出された
  ○○ブロック長にとって初陣の座談会です。

□ 私にとっても、今月は、ホッとしているところです。
  というのが、今年春に、大きな戦いがあった流れで、
  地区座談会で、毎回毎回「大幹部」に入っていただいてきました。
  当然、毎回参加数の報告があるので、毎回大結集をめざすという戦いをやってきました。

□ でも、こういう流れで9か月、10か月、やってきて
  "ちょっとまてよ、これが座談会って云うのかな?”とふと思うようになりました。
  いつのまにか、官僚主義に、陥っているのと違う?
  参加人数と、幹部を呼ぶという形式が、目的になっていなかったか?

□ 30年前の、入会当時の学生部のときの座談会で、今、印象深く残っているのは
  3、4人で車座の中で、壮年部や婦人部から聞いた、十界論の話しや、御書の一節で、
  そういった輪の中で、信心の薫陶を受けていったように思います。 
  少人数での輪のなかに、座談会の良さがあるのでは。

□ ということで、今月は、男子部を卒業して間もない、両ブロック長と、ヤングの白ゆり長さん
  中心に、輪になって11.18記念のブロック座を開催したいと思います。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2011-11-10 21:53 | 座談会 | Comments(0)

数字で振り返る、我が地域の広宣流布

□ 私が住む、○○自治会○○組の、広宣流布の状況を振り返ってみました。
 現在35世帯あり、農村地域ですので、転入転出は、あまりありません。
 25年前、私が男子部地区リーダー当時は、信心をしている世帯は3世帯でした。

□ しかし、現在、よく数えてみると、7世帯、実に地域の20%にまで増えているのです。
 その内訳は、当時未来部だった方が、青年部となり、結婚して、次の未来部を連れて
 帰ってきているところや、
 当時未来部だった方が、我が地域に嫁いできて、信心をしているというケースです。

□ 我が地区を、10年前の2001年を振り返って、比べてみました。
 世帯数は、当時も今も、37世帯で変わりはありません。
 当時、男女青年部は14人、未来部は5人でした。
 しかし、現在、男女青年部は27人に、未来部は11人、実に全学会員100人のうち
 4割近くが、青年部、未来部という若い組織になっています。

□ 我が地区内をみても、この青年部、未来部を、後継の人材へと育て、拡大していけば
 19年後、2030年の我が地域の広宣流布はできるんだ、と確信することができます。

 そういった決意も込めて、昨日の協議会で、
 みんなに下記のような100万遍唱題表を配らせていただきました。
 e0246189_2239269.jpg
 
 















ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村
 

by shin_f77 | 2011-11-08 22:46 | 青年学会 | Comments(0)