創価の風


創価学会の一壮年部shinが日々の思いを綴ります
by shin_f77
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
退任の決意
at 2016-11-09 20:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2013法華経の智慧講義

昨日、総県で行われた、2013年最初の法華経の智慧講義に参加してきました。
今回の教材は「法華経の智慧」第三巻 勧持品の章。
名誉会長の言葉、講義の内容から、感じたところをメモしてみました。

「死身弘法の魂を忘れたら、本当の創価学会ではありません」

最近のまわりの信心は、私も含めて、昔に比べて、小粒になったように感じる。昔は「広宣流布のために生命をかける!」という大願の幹部が、確かに居たよな・・。

「具体的な一人一人への励ましが大事。
一人一人へのこまやかな配慮がどれほど重要か。むしろ、それが「主」です。
学会もこの原則を貫いてきたがゆえに、今日の発展があるのです。」

ある壮年部幹部は、これからは家庭訪問が「主」、会合が「主」ではない、励ましの家庭訪問を徹底してやっていきます、と決意していました。
昨年の衆議院選挙は大勝利のように語られていますが、票の数は減らしている。
一人ひとりへの励ましに徹する、原則に立ちかえらなければ、2030年の学会はないと思う。

「作獅子吼」とは、師弟不二の行動です。
獅子吼をおこすとは、末法において、南無妙法蓮華経をおこすことである、と。
おこすとは、「能動」です。誰かに言われて、やるのではない。」

最近、どうも、打ち出しがないと、動けない学会員が増えたような気がする。
選挙戦のときの打ち出し、じゃないんだから・・。
“指示待ち症候群”から脱して、自発能動の信心を思い出さないと・・。

三類の強敵なかんづく「僭聖増上慢」は鮮やかなコンストラストを示している。
そのポイントは、「人間への尊敬」と「人間への軽蔑」です。
その違いが、そのまま「人間のための宗教」と「権威のための宗教」の違いになる。

日顕宗が、この後者の典型ということか・・。
 
「人間革命」とは、「自己との大闘争」であるといってよい。具体的には、不惜身命で戦っていくことです。難を受け、難と戦ってこそ、自身の元品の無明を断ち切れる。それ以外に、真の成仏はありません。

今年はヘビ年、聖教新聞でも、公明新聞でも、語られているように、脱皮の年。
脱皮できないヘビは死んでいくのと同じように、脱皮できない、組織は衰退するしかない。
最近の大手企業の盛衰を見ていてもそう思う。それは、学会も同じ。

2013年に入って、名誉会長が、随筆などで、最も多く使われるキーワードが、「人間革命」という言葉。
「新しい自分自身」の人間革命の劇が、いよいよ始まった!!
と、地区のみんなに宣言できる、2月にしていきたい。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

e0246189_1524053.jpg


by shin_f77 | 2013-01-26 15:27 | 青年学会 | Comments(1)

新年・歌会始め

昨日、青年学会・勝利の年、スタートの地区座談会が開催されました。

毎年、1月の座談会は、お正月にちなんで、御書の一節カルタや、今年の決意の歌初めなど
全員参加ができる、楽しめる内容を盛り込んでいます。

今年は、「新年・歌会初め」と題してやってみました。
1人3枚ずつ赤・青・黄の紙を配り、「誰が」・「どこで」・「何をする」の要領で
各自、今年の決意なり、今年の夢を書いてもらいます。
私は、適当に、「地区部長が」「総合公園で」「広宣流布に走ります」と、書いてみました。

未来部の皆に配ってもらい、できた方から集めてもらいました。
そして、3種類の紙を、それぞれシャッフルして、再度みんなに配って
手元にきたものを読んでいただきます。

「山中教授が、○○地区で、広宣流布に走ります」とか
「地区婦人部長が、総合公園で、ダイエットします」など
すばらしい??歌も、出来上がりました。

その後、地区部長御書講義&あいさつの中で
信心は「変わるためにやるもの」
「変わりましょう」「変わります!」「変わりました」これを信心の3段活用という
言葉もありますが、是非、今年は「新しい自分自身にうまれ変わりました!」といえる年にしていきたいと決意を披露。

2013年、青年学会・勝利の年が動き始めました。
e0246189_953561.jpg


ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2013-01-20 09:21 | 座談会 | Comments(0)

各地から、年賀状のメッセージ

今年も、各地から年賀状でメッセージが届きました。

□ 「2013年が素晴らしい年でありますように、今年もハジけちゃうよん!」
仙台市に住む小学校の時の同級生Fさんから。
1昨年の3月11日は、塩釜港の診療所で勤務していましたが、奇跡的に助かりました。
女性医師(整形外科)として、初めて南極観測隊に参加したバイタリティで、被災地で地域医療に取組んでいます。

□ 「私も元気に頑張っています。本年もよろしくお願いします。」
京都市に住む婦人部のSさんから。
33年前、私が入会当時、大変お世話になった地区婦人部長(当時)です。
“地区部長で頑張っています。昨年は京都マラソン完走しました。”と
新年のメッセージを送りました。

□ 「言葉で、メールで、ランナー金吾さんのエールは、
今も僕の中で、力強く生きています。」
神戸市に住む、元同僚のI君から。
職場でまわりから、いじめにあっても、コツコツと仕事に取組んでいました。
現在、大学生に戻って福祉関係の資格取得を目指しています。
これからも対話していきたいと思っています。

e0246189_12135227.jpg


ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

by shin_f77 | 2013-01-03 11:56 | 日常の出来事 | Comments(0)