ブログトップ | ログイン

家庭訪問日和

今日は、週末の絶好の家庭訪問日和に恵まれましたので、
男子部と一緒に、普段会合で出会えない人に出会いに行こう
とのことで、地区内を家庭訪問にまわってきました。

そのうちの一人の壮年部員の方は、私が地区部長になってから
7年になりますが初めて出会う方
前から、この人は”学会員だという意識のない人で・・“とか
聞いていたので、難しい人かなと思いきや、
会ってみれば、全然印象は違いました。
“最近会合に行けていませんが、また行くようにします”
と語っていました。

6軒ほどまわって、本人と出会えたのは、その1人だけでしたが。
男子部とは、”次の壮男家庭訪問は、平日の夜に“持つことになりました。

わが地区も、いよいよ来月から2ブロック体制から、3ブロックの新体制に。
まだまだ出会えていない、壮年部、男子部がいます。
青年部とともに、7月の青年の月の勝利を目指していきたいと思います。

この4月から仕事で、昇格で、幹部社員の1人にさせていただいたのはいいのですが、
平日かなりきつい毎日を送っていますので、
こうして、学会活動を自由自在にできる時間が、以前にもまして幸福感を感じます。

今日の1曲は、アメリカSGIの大野俊三さんのこの曲です。
今年2月に家族が咽頭腫瘍の手術を受けましたが、大野さんの体験、存在からは
大きな励ましと勇気をいただきました。



ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村
by shin_f77 | 2013-05-18 17:33 | 日常の出来事 | Comments(0)

総県長による「法華経の智慧」講義も、いよいよ第4巻、如来寿量品に入ってまいりました。

アメリカのジャナーリスト、クラーク・ストランド氏は「SGIと世界宗教の誕生」の中で
「私のベッド脇のテーブルには、聖書、コーラン、マルクスアウレリウスの「自省録」、日蓮の御書のほか、水色のペーパーバック本が置いてある。 
もう頻繁に読んでいるので、ばらばらになりそうな「法華経の智慧」第4巻だ。」と重書中の重書として紹介されています。

さて、「法華経の智慧」第4巻の第1章に次のような場面があります。
(名誉会長)
さきほどの御聖訓に「人久しといえども百年には過ぎず」とあったが、その通りです。
「ここにいる人は、百年たったら皆いなくなるんだよ」と、戸田先生もよくおっしゃっていた。
この世は「一睡の夢」です。長命だ、短命だといっても、永遠から見れば、なんの差もない。寿命の長短ではありません。どう生きたかです。何をしたかです。自分の境涯を変えたのか。どれだけ人々を幸福にしたのか、です。
 今生で仏の境涯を開き、固めた人は、それが永遠に続く。この一生で「永遠」が決まるのです。それが一生成仏です。

(斉藤教学部長 =当時)
たとえ短命であっても、不朽の人生になれるということですね。

 斉藤教学部長は、「法華経の智慧」そのままの不朽の人生を歩まれました。

 第1章の最後をこのように、名誉会長は結ばれています。

 日蓮大聖人は「一切経の中に、この寿量品がなかったならば天に太陽と月がないようなものであり(中略)人に魂がないようなものだ」といわれている。
 寿量品を学ぶことは、仏法の真髄を学ぶことであり、生命の真髄を学ぶことであり、自分自身の「真実の姿」を学ぶことなのです。
 それがわからなければ、何をやっても、根本は無明です。迷いであり、苦しみです。まさに“天と太陽と月がない”暗黒の世界です。
 そこに“希望の太陽”を昇らせるのが寿量品です。それを「人間革命」という。

 総本部完成の11.18まであと約半年。
2013年は大きな節目となる重要な年になると云われています。
自身の境涯を拓ききり、人間革命しました!といえる、戦いをしていきたい。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村
e0246189_23115410.jpg

by shin_f77 | 2013-05-11 23:17 | 日常の出来事 | Comments(0)

勝利のうた_友好対話

大型連休、どこかに友好対話にいかねばと、
元上司のところに行くことに、

せっかくの五月晴れのいい天気なので、
元上司宅の近くには、ダム湖があって、1周10km位のジョギングもできるので
マラソンの練習も兼ねて行く事に

久しぶりに訪問させていただいたところ、
丁度、自家菜園の世話をされているところで、
畑のイチゴや野菜の出来具合などの話しからはじまって
友好対話も方も深めることができました
次回は、また夏に御礼に来ます、と元上司宅をあとに

その足で、近所にあるダム湖を行き、ランニングスタイルになって
ダム湖1周走ってきました。

夏に向けて、友好対話とランニングをセットにして「広布に走れ」で
週末は戦っていきたいと思います。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村
by shin_f77 | 2013-05-06 10:31 | 日常の出来事 | Comments(0)