創価の風


創価学会の一壮年部shinが日々の思いを綴ります
by shin_f77
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
退任の決意
at 2016-11-09 20:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2030年への夢と決意

「2013年11月18日には先生に勝利の報告をさせていただきます。」と誓いを立てた、
その日がやってまいりました。

地区で協議した結果、
うちの地区らしく、未来部全員で、
一人一人の、2030年へ向けた「夢と決意」の署名をアルバムにして、お届けし
「勝利の報告」としようということになりました。
そのアルバムが本日完成しました。

そこには、就学前から少年部、中等部、高等部までの、24人の未来部たちの
自筆で書かれた、それぞれの「夢と決意」が
おもいおもいに書かれていました。
「水族館の職員になって子ども達に夢を送りたい」
「パテシエになって、みんなにおいしいケーキを食べさせてあげたい」
など、子どもらしいほのぼのとした夢、
「世界のプロサッカーリーグで活躍する」「世界一のダンサーになる」
といった、頼もしい夢も書かれていました。

私自身は、2020年には還暦、2030年には70歳を迎えていますが
未来部とともに、改めて決意しました。
60歳になるまでに、一家和楽の信心を完成させること、目標の国家資格試験に合格すること。
70歳になるまで、フルマラソンを完走できる、健康と体力と執念を維持すること
2030年まで地域の広宣流布の活動の第一戦で活動し、
地区に新しい青年学会を築くこと
今日をスタートとして、未来部のみんな、同志の皆さんと共に、楽しく、走りぬいていきたいと思います。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村
今日の1曲はこの曲です。


by shin_f77 | 2013-11-17 00:38 | 未来部育成 | Comments(0)

1冊の日記

11.18創立記念の月を前にして、
義母が急死し、嵐のような1週間が過ぎた。

義母の自宅を、私の妻と義妹で整理していたところ、生前義母が毎日つけていた
1冊の日記を発見し、そこには、長年、むすめ(私の妻)のことで悩んでいたことが、切々と綴られていたとのこと。

というのが、うちの妻は、普段はカラッとした奴ですが、父親譲りの「酒乱」の傾向が
あり、押さえが効かなくなると、110番通報しないといけない位、暴れだす。
それを堪え、押さえるのは、いつも義母と私の役割だった。
それでも、信心をさせないといけないと、20数年、題目を送り続けた。

その義母が亡くなり、日記に綴られた義母の悩みを読んで、はじめて、
「本当に私が悪かった・・」と言い出した。
長年、信心の話しをすると怒り出していたのが、やっと心を開いての対話が出来るようになった。長年脱ぐことができなかった、我が家の宿命の皮を一枚、脱ぐことができそうです。

このことを、今日の座談会の全員発言で、話していると涙が出てきて止まらなくなり
話しにならなくなってしまいました。
体験を話しながら、涙がでてきたのは、33年前の入信のときの体験談以来です。

2013年11月、新本部「広宣流布大誓堂」完成の月、我が家にとっても大きな節目
となりそうです。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

先日、来日されていたハービーハンコックさんのピアノとのコラボレーションで、この曲をどうぞ。


by shin_f77 | 2013-11-10 22:39 | 日常の出来事 | Comments(2)

突然の最期

先週末、夕方仕事中に、ケータイの着信バイブが鳴り、出てみると
「大変!!お母さんが亡くなっている」
一人暮らしだった、義母が電話に出ない、近所の方が訪問してインターホンを
鳴らしてもでないので、妻が訪問したところ、玄関で倒れていて、亡くなっていたとのこと。

それから、嵐のような4日間が過ぎました。

亡くなっているところを発見されたので、警察による検死が一晩かかって行われた。
また、突然のことでもあり、義母の希望していたとおり、葬儀は、親族のみの家族葬で行ないました。

せっかく、折伏をしようと祈っていた矢先のことなのに。
心残りは、最期まで題目をあげさせることができなかったこと。

11.18に向けて戦っている最中での、身内の告別式となったが、
合間を縫って、記念署名は全て集めきることができ、提出することができました。

また、今日、副支部長の面接も、しっかりと受けてきました。

でも、親族が1人亡くなるという家族へのダメージは、当分回復しそうにない。

妻は、実家の整理に行って、当分帰って来れず、息子も、熊本に戻って、当分私は“独身”。
久しぶりに、大学時代に私を折伏してくれた友人に電話をして、励ましてもらいました。

今夜は、この曲を聴いて、よし題目をあげて、再び頑張ろうという気持ちが湧いてきました。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村



by shin_f77 | 2013-11-04 21:02 | Comments(2)