ブログトップ | ログイン

アナと雪山童子

先日、息子が九州から帰ってきたので家族で、ディズニー映画「アナと雪の王女」を見てきました。
ディズニー映画って、こどもか女の子が見る映画だろうと先入観があったのですが、
無償の愛が民衆を救う、という深いメッセージを込めた作品だったのですね。

さすが全世界で上映され、その観客数は1億3000万人、全世界の2%の方が
この映画を見ているだけあって、ただのアニメではないことが良くわかりました。

クライマックスは
この映画のヒロインのアナが、姉であるエルサに剣が振り下ろされようする瞬間、エルサを元に走った瞬間、アナの身体は氷となって、剣をはねつけ、姉のエルサを救ったシーン。

姉であり、その国の王女だったエルサは、すべてのものを凍らせることができるという魔法により、その国のすべてを真冬の状態にしてしまい、ついには
自分の妹までも氷の彫刻にしてしまったのです。

エルサは、氷の彫刻と化した妹アナを抱きしめ、慟哭し、無償の愛こそが、真の愛だと悟り、それまで、自分のまわりのすべてのものを凍らせてしまってきた
魔法をコントロールできる力を身につけることができるようになったのです。
そのとき、氷の彫刻と化していたアナはもとの身体にもどり、2人は抱き合いました。

この映画を見ていて、雪山童子の説話を思い出しました。
少し違いますが、民衆のために仏の教えを請い、残そうとし、自らの身を
鬼神に投げ出した、雪山童子の不惜身命の姿を思い出しました。

法華経の智慧第4巻で、菩薩道についてこのように述べられています。

学会はありがたいところだね。人の面倒をみた分だけ、人の「生きる力」を
引きだした分だけ、自分の「生きる力」も増していく。
人の生命を拡大してあげた分、自分の生命も拡大する。
これが菩薩道の妙です。「利他」と「自利」の一致です。

利他だけを言うと、傲慢になる。人を救ってあげているという偽善になる。
自分のためにもなっていることを自覚してはじめて、
「修行させてもらっている」という謙虚さが出る。自他不二です。
ゆえに菩薩道しかないのです。

5.3を、新たなスタートとして、友との友好対話を深め、ひろげていきたい。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


by shin_f77 | 2014-04-27 22:49 | 日常の出来事 | Comments(0)

毎月総県で行っている法華経の智慧講義、第4巻もいよいよ最終章となりました、
印象に残った箇所を紹介します。

 「臨終只今」とは、師匠の臨終が只今と思って、猛然と広宣流布へ戦っていきなさい
 ということです。師匠に見守って戦えるなんて幸せなことです。
 それがわからない 弟子は失格です。
  師匠が生きているうちに、そう気づいて頑張るのが「本心を失っていないこども
 (※良医病子の譬え)」に当たる。
 気づかないのが「毒気深入」で本心を失った子どもです。

  ともあれ、「仏界の生死」にあっては、死は決して恐れるべきものではない。
  今日寝て、明日の朝、起きる。それと同じです。
  死んだと思ったら、すぐに来世なのです。
  しかも自分が生まれたいところに、生まれたい時に、 生まれたい姿で生まれてくる。
  地球とは限らない。
  「もう地球はあきた」という人は、他の星に行って働くのも自由です。

 「死」は休息です。宇宙生命の癒しの海に抱かれて、疲れた生命を充電するのです。
  そしてまた「生」という生命力の爆発へと向かうのです。

  ただ、「仏界の生死」の場合、生命の基底部が慈悲そのものになっている。
  ゆえに、またすぐに人々を救うために生まれてこようとするのです。

  この「須臾の間に」というのは、いわゆる物理的時間ではなく、
  むしろ生命的時間とも考えられる。
  地獄の苦しみは、短い時間も長く感じさせるように、
 仏界の大歓喜は時間を短く感じさせる。

池田先生は現在86歳。師匠がお元気な間に、あと何回、折伏の戦いができることか。
それを考えれば、「臨終只今」の戦いを起こしていかなければと思うところです。
黄金の3年の1年目、5.3も近づいてきた。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by shin_f77 | 2014-04-13 14:10 | 日常の出来事 | Comments(0)

潮4月号で、作家の佐藤優氏の講演会の内容が、まとめて掲載されていたので、
興味深いところを抜粋します。

「2002年、私は背任と偽計業務妨害容疑で逮捕、起訴されました。
小菅ヒルズ(東京拘置所)の独房で512泊513日間を過ごし、
09年6月には執行猶予付の懲役有罪判決が確定しています。 
(13年6月に執行猶予満了)
普通の人なら、私のような人間を怖がってつきあわないものでしょう。

しかし、創価学会の皆さんはわけへだてなくつきあってくださいます。
創価学会の人たちには、事柄の本質を見る温かい目があるのでしょう。
私はそのことにとても感謝しています。」

「私は同志社大学神学部出身です。(中略)
 同志社大学神学部では、創価学会の歴史や教義、とりわけ牧口初代会長の時代の
 創価教育学会の歴史は必修でした。
 神学部で宗教学を教えていた幸日出男先生はいつもこう強調していたものです。

「戦時中のキリスト教はだらしがなかった。戦時中に創価学会は本気で軍部に
抵抗し、牧口常三郎初代会長、戸田城聖第二代会長は宗教弾圧をこうむった。
その抵抗の精神が生きている宗教とは、どういうものなのか。
非常に重要な事例なので、創価学会についてよく勉強しなさい。」

私は佐藤優さんと、同じ時代に、同志社大学で、学生時代を過ごし
昭和55年、20歳のときに、創価学会に入会しました。

佐藤さんとは、同じ学年でしたが、面識はありませんが、
幸教授は、確か、一般教養の宗教学で教えていただいたように記憶しています。

人生の羅針盤を求めて、同志社大学に入学し、創価学会の入会し、34年になりますが、
佐藤優さんの記事を読み
私には、改めて、仏法に出会う使命があったんやな、と思ったところです。


ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

(当時のキャンパス内の様子)
e0246189_1416184.jpg

by shin_f77 | 2014-04-05 14:21 | 日常の出来事 | Comments(3)