ブログトップ | ログイン

我が眷属よ

先日、前に同じ職場で働いていた後輩からメールが届きました。
彼は、教職の免許をとるために、大学で勉強をしており、レポートを
書くために教えてほしいことがあるとのこと。

2年間同じ職場で仕事をしていましたが、
まわりから、いろいろといじめられることがあり、
その度、「色んな人がいるが、ひとはひとだ、言わせておけばいい」と
励ましてきました。

いじめられている姿が、信心して間もないときの若い時の私に似ており
いつか折伏したいな、と思っているうちの一人でした。

そんな彼が、仕事を辞めて、教育の道にすすむために、大学に入りなおしたときは「A君らしい道を見つけたな!頑張ってな!また会おう!」と門出を祝福しました。

あれから2年、今回の返信メールに、波濤会の写真展に行ったことと、
そのときのパンフの写真をつけて送ったところ、
RE返信メールで、
「ランナーさんも、学会員だったんですか。親戚に学会の方がいて、
我が家も、聖教新聞をとっています。…とくに教育のことについて、私も
聖教新聞を読んで勉強をしています。」と返ってきました。

最近、題目をあげる中で「悩める友に、我が眷属に出会わせてください!」と
祈ってきたところ、眷属が現れた。

さて、毎月、分県で行っている「法華経の智慧講義」も今月より、第5巻となった。
その中で、このようにありました。

 「境涯の妙」だね。健康で、生命がはずんでいる人は、質素な食事であっても
 おいしい。憂いに沈んでいれば、最高のごちそうでも「砂を噛んでいる」よう 
 になる。

 耳根清浄の人は、赤ん坊の泣き声も、モーツアルトの曲に聞こえるかもしれな
 い。奥さんに叱られている声も、交響曲のように聞こえれば、素晴らしいですね。

 どんなことでも楽しいということは、戸田先生が強調された「絶対的幸福境涯」
 にあたりますね。…例えば夫婦喧嘩をしても楽しい、腹が立っても愉快に腹が
 立つとも言われています。

 大きな青空に、真綿の雲を広げて、その上で悠々と下界を見おろしているよう
 な境涯です。そういう高い境涯になるためには、ジェット機のように、
 一心不乱に、信心一筋に走りなさいというのが「法師功徳品」なのです。

 「法師」とは「広宣流布のリーダー」です。広宣流布に身命を捧げた人のこと
 です。自分が「法師」になれば、絶対的幸福境涯という「大功徳」があるのです。

 六根清浄とは「全身これ広宣流布の武器たれ」ということです。 
 要領ではなく、計算ではなく、不惜身命で広布へ働くとき、限りない生命力が
 全身にしみわたってくる。智慧もわく、元気もわく、慈愛もわく。

 どんな悩みがあっても、全部「価値」に変えていける。「功徳」に変えていける。
 その大生命力を「法師功徳」というのです。広宣流布ひとすじに生きた人は必ず、
 「これ以上はない」という無上道の軌道に入っていくということです。
 
 前進しきった人が、必ず勝つ。
 題目を唱えきった人が必ず勝つのです。

来月の座談会は、Y副会長をお招きして、開催します。

「奥さんに叱られても、交響曲のように聞こえる」「腹が立っても愉快に腹が立つ」絶対的幸福境涯をめざして、7月青年の月、友との対話、我が家庭、地域の広宣流布に戦い抜いていきたい。

写真は、大誓堂の勤行会に向かう飛行機の窓から撮った雲海の写真です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

e0246189_23161945.jpg

by shin_f77 | 2014-06-28 23:23 | 日常の出来事 | Comments(5)

「眠れる壮年部を叩き起こしていきます!」

4者地区部長会である女子部が体験発表したときの名言です

今回の本部幹部会・創価女性大会に参加して、この名言を思い出しました。
眠れる男子部、壮年部が叩き起こされるような素晴らしい内容でした。

金曜日の夜の部に参加したのですが、19時30分の放映までに、
2人の「眠れる壮年部」に家庭訪問してきました。

□元男子部本部長で、壮年部副本部長のHさん
夜勤が多く、19時30分からの会合にはなかなか出ることができません。
今週は、木金が休みと奥さんから聞いていたので、
木曜日の19時頃訪問、
「夜勤明けで寝ています」「また明日来ます
金曜日の19時再度訪問、やっと出会うことができました。
「夕方からの勤務が多くて」
「会合は出られなくてもいいです、個人折伏を頑張ってください」
と、大誓堂の前庭の戸田先生の和歌と池田先生の碑文の全文、
表面には波濤会の撮った写真をポストカードにしたものを添えて激励。

□元男子部部長で、壮年部ブロック長のTさん
中学校教諭で、部活の顧問もしており、土日もほとんど中学校に出ています。
「この日のこの時間は、学会活動のために時間を作ると、決めていくことです。
それと個人折伏に挑戦しましょう。」と玄関先で話しているところに
外で遊んでいた子ども達が帰ってきました。
「南無妙法蓮華教のところで出会ったおじさんや!」と声をかけてくれました。
「まだ子どもさんは未入会ですよね。未入会の奥さんにも話をして
子どもさんの入会勤行会ができるよう、挑戦していきましょう」と激励。

□家庭訪問のあと、駆け付けた本部幹部会・世界女性会議同時中継、
受付では、わが地区の女子部Dさんが白蓮グループで着任中。
現在、高専5年生で、学年トップで就職内定を勝ち取りました。
みごとな実証を示しています。

かつて、男子部時代、「広宣流布は男のロマン」と語り合った
眠れる獅子の壮年部
一人ひとり起こしていきたい。


ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

e0246189_7574693.jpg

by shin_f77 | 2014-06-15 00:17 | 日常の出来事 | Comments(2)

今週からワールドカップ

日本からは、ちょうど地球の裏側で開催されるワールドカップ_ブラジル大会
義弟が、サンパウロに単身赴任中で(某ゼネコンから海外赴任で3年目)
少し身近に感じるところ
やっぱりラテン系の国民性で、おおらかで、
なかなか建設現場も工期が予定通りいかないそうです。

さて、ワールドカップで世界中が盛り上がろうとしている今週
いままで眠っていたかのような壮年部を、奮起させようと、決意し、
家庭訪問用に3点セットを用意しました

① 特性ポストカード 
表面は波濤会の大海原を大型船が航海中の写真
裏面は大誓堂の前庭の戸田先生の和歌と、池田先生の碑文を全文

② 今月の隣の地区との交流座談会の入場券
 (セパ交流試合のようなワクワク感があります。)

③ 本部幹部会 同時中継の入場券

これをもって、今週、来週、眠れる獅子たちを起こしにいくことに決めました。

数年前まで支部長として第1戦で指揮をとっていたT副本部長
男子部時代は本部長としてブイブイいわしていたH副本部長
我が家を個人会館として開放しておきながら、
この数年座談会に出たことのないK副支部長

みんな、かつて頑張っていたことのある、眠れる獅子たちです

ワールドカップブラジル大会の月、青年の月7月に向けて
眠れる獅子、壮年部を起こして、今月の座談会を迎えたいと思います。

写真は義弟がブラジルから帰ったときにもらったチョコレートの缶です。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

e0246189_10315873.jpg

by shin_f77 | 2014-06-08 10:38 | 日常の出来事 | Comments(6)