ブログトップ | ログイン

先日、ある精神科医の先生を講師に招いての講演会があり、参加してきました。
その中で、最近の日本、アメリカ、中国、韓国の高校生の「心と身体の健康」
についてとったアンケート結果を引用しての場面があり、

自分自身をどう思うか、という問いに対し
「私は価値のある人間だと思う」と回答したのは
日本 36.1%
アメリカ 89.1%
中国 87.7%
韓国 75.1%

″自分を価値のある存在だと思えない“高校生が6割を超えるというのが
今の日本の現状で、
それに比べ、中国、韓国の高校生の自己肯定感の高さ、
日本の将来は危ういと感じました。

精神科医で学会ドクター部の於保哲外氏は
ドクター部白樺会の合同部員会での講演で、次のように語っています。

今の自分に点数をつけるとすると、100点満点で何点くらいつけられるでしょうか。ちょっと考えてみてください。(中略)

それでは、100点と思う方。お二人。ありがとうございます。
このお二人以外は全員信心をしていないことになるのはおわかりですか。
大聖人の仏法というのは先ほど図々しく、図太く、たくましくとありましたが、
自分を100点満点と見る宗教なんですね。

信心。信じる心と書きます。何を信じるか。御本尊ですね。また、法華経でしょう。
では、法華経を信じるというのはどういうことなのかと考えてみると、
自分自身が妙法の当体であると信じることですね。

頭は妙、喉は法、胸は蓮、腹は華、足は経。自分のこの生命が南無妙法蓮華経なんだと、妙法の当体なんだと信じることが信心だと教学で学びましたね?
とすると、自分自身を60点ということは、南無妙法蓮華経を60点とつけることになってしまいます。(中略)

自分自身に「自信と誇り」を持つ生き方が一流。すなわち、「自分が偉大な仏なんだ」と「100点満点なんだ」と見ることは、一見、慢心に見えるけれども、実は、それは一流の生き方なんです。
だけど、これは慢心に似ているから、これを「法華の慢」という。「法華の慢」は正しい。根本が、慢心と正反対ですから正しいんです。
 池田先生が、「皆さんが仏です。騙されてはいけませんよ。」と何回もおっしゃいました。
だけど師匠の言っていることを信じない人が多い。
「本当は違うんだけど、先生は我々を激励するために『皆さんは仏だ』と言っている」と受け取る。師匠の言うことをたとえ激励と言いながらも、本当は信じない。
これこそ傲慢ではないでしょうか。

 一見、慢心に見えるんです。また、ずうずうしい、図太いというのは人から嫌われるように思うんです。だけど、これで行くと不思議に開けてくる。そういういろんな例を見るにつけ実感するんです。
 今、多くの真面目な方が行き詰まっていらっしゃる。その根っこに実は「念仏思想」、「村の文化」があるんです。これからの日本は、この「村の文化」では世界から相手にされなくなってくる。自立的な「海の文化」としての法華思想を、いよいよ世界に宣揚をしていく時代が来た。
(以上、ドクター部の於保哲外氏のドクター部白樺会部員会での講演より)

長い引用となりましたが、今、国会でも18歳参政権が本格的に議論されており、今の高校生の意識の現状をふまえると、大聖人の仏法を保つ、我々の使命を大きい。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



by shin_f77 | 2014-11-30 18:25 | 未来部育成 | Comments(0)

11月21日解散の日

11月21日、わが職場では、前日判明した難問で行き詰っていました。
「この1,800万円はランナー課長さんの部門で、なにかスクラップして
どうにか埋めてもらうしかないな。締切りは今日中。
今日中にといっても24時までだから、時間はあるよ。
もう一度18時から会議を開きましょう・・・」

ああ、今晩、支部である○○部員会と、〇〇大会は、いけそうもないな・・
地区を代表して決意発表する予定だったけど、
地区婦人部長にお願いするしかないな

 しかし、大きな戦いのスタートとなる会合、是が非でも参加しなければと、
 その日の朝の勤行では、
「すべてを諸天善神に変えて、必ず今日の会合には参加してみせる!!」と
しっかりと1時間の祈りを込めた題目をあげぬいていました。

「○○からの予算とか、○○のお金をまわすとか、ランナー課長さんで一度
あたってみて・・」とA役員
「今まで前例はないけど、やってみます!」
と、A役員の一言のアドバイスで、ひらめくことがあって、
B副課長に当たってもらったところ、ピッタリと1800万円の穴が埋まることが
判明。
17時には、A役員、C役員にも朗報を報告。
無事、18時には職場をあとにして、支部の会合に向かうことができました。

支部の会合では、トップバッターで、決意発表させていただきました。

大きな戦いには、様々な魔が競うのが、仏法の方程式。
油断を排し、すべてを諸天善神と変える祈りで、戦っていきたい。

11月21日、全国遊説の第一声の街頭演説があり、選挙戦がスタートしました。
今回の衆議院選、争点がないとか、何のための選挙かという声をききますが
高木幹事長代理、山口代表の話しを聞いて、すっきりしました(^^)/

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


by shin_f77 | 2014-11-22 22:38 | 公明党 | Comments(1)

平成猿蟹合戦

こんなTVドラマが11月15日から始まるようです。
タイミング良すぎませんか!?
「黄金の3年」は「黄金の1年」で終わってしまうのか、との思いもありますが。
私は、多分、今週末のこの時間帯、TVドラマ見てる暇はないと思います。

私が好きな池田先生の指導に、
「塵が積ってできた山はない、山は地殻変動によってできる」
という言葉があります。
ひとつの歴史をつくるときと捉え
マル衆の戦いになりましたら、自らの宿命転換と、学会の正義を証明するんだ!
という師走12月にしてまいりたいと思います(^^)/


ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



by shin_f77 | 2014-11-13 22:06 | 日常の出来事 | Comments(2)

昨日は、11.18創立の月記念の地区座談会。
事前の協議会で、ブロック座談会のような対話のできる地区座談会ができないか、
ということで協議し、工夫をしてみました。

ひとつが「任用試験クイズ」
今回の任用試験からマークシート方式になるということで、
4択でみんなに答えてもらうという形式で10問用意しました。

例えば、穴埋めで、上野殿御返事
「とにかくに○○に身をまかせ信じさせた給へ」
①ご本尊 ②池田先生 ③法華経 ④創価学会 
正解何番でしょう。

できるだけ少年・少女部、中等部に優先的に答えてもらい、
わからなかったら、今回受験する高等部のお兄ちゃん、お姉さんが答えると。

大聖人が受けた難のあたりでは、婦人部から
「昔、マ・イ・コ・タと覚えたんやで」と合いの手も入っていました。
※松葉が谷、伊豆、小松原、竜の口

今回、クイズでやったところは、受験する高等部も全問正解できること間違いなし。

つぎに、「一言カード」のコーナー。
事前に「①最近熱中してことは」「②入会、発心したきっかけは」といったカードに
1番から番号を振って用意し、入り口で参加者全員にわたします。
進行役の方からランダムに、番号を引いて「何番の方、どうぞ」

こうしてやると、みんな楽しめながら、ありのままのことが話しできました。
ある婦人部からは
「最近熱中していることは、闘病。ひざが痛くて、この会場の階段を上がるのも大変で・・」とか
ある壮年部からは
「入会のきっかけは、50年程前に母親が病気をしいて一緒にはじめました」とか
和気あいあいと、今日の一言が聞けました。

参加したみんなは、一言一言に盛り上がり、最後の幹部の話しの時間の頃になると
残り10分。
地区婦人部長は3分、私は2分、担当幹部の本部長は5分と
あいさつはコンパクトにまとめました。

参加した皆さん、いい座談会だったと、満足をしていただき、
晴れ晴れと、わが地区も11.18が迎えられそうです。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

初心者のためのネット副業の教科書
by shin_f77 | 2014-11-09 09:29 | 11.18創立記念日 | Comments(0)

記念総会

総県の日を記念する総会がH池田文化会館であり、参加してきました。

○総合司会は、我が支部の男子部N君。
お父さんも、地区部長の代表として参加しておられ、
N君の司会が結構受けていたので、その度に喜んでおられました。

○第1部は合唱など文化祭形式
男子中等部と女子高等部との、さわやかな司会でスタート。
男子部の勇壮な太鼓で始まり、その後少年・少女部の「獅子の子合唱団」
Be Braveと母、みごとに決まりました。

○次は、太陽会(壮年部で退職後の方を中心にしたグループ)によるコーラス
あまり期待はしていなかったのですが、これが、いい味で、いけてる。
曲は「おやじの海」と「上を向いてあるこう」の2曲。
全員、大きな赤か金の蝶ネクタイをして、舟をこぐような振りのパフォーマンス付きで、
少年部のように、元気でした。

○婦人部のピアノ、マリンバのあとは、女子部でソプラノ歌手の方の
「見上げてごらん夜の星を」「レット・イット・ゴー」の2曲。
ド迫力の声量で、歌い上げておられました。
「月の砂漠」では♪金の鞍には、常勝を、銀の鞍には福運を♪と

〇第2部は、「我が本部の人間国宝」と題して、
各本部で信心の実証を示すスーパーマンの皆さんをDVDにまとめて紹介。
うちの本部からは空手全国大会出場の女子高等部Mさんでした。

○信仰体験は、Y婦人部長ファミリーが3世代で登壇、
経営する会社の倒産の危機も「君は法華経の行者でしょう!」の指導で乗り越え、
女系が続いたY家で、100年ぶりに男子が生まれ、その期待を受けた
2人の男子部が折伏の体験で締めくくっていました

○各部代表での記念品授与では、我が支部の女子部Mさんが授与、
 一緒に行っていたお父さんの M地区部長も知らなかったみたいで、大喜び。

○幹部指導の中で紹介をされたのが、ブロック5有志の達成支部の紹介で、A支部が達成でき
 もうすぐ新聞に載るそうです。瞬間風速の如く、その日だけでも
 ブロックで5人が結集できて記念写真が撮れたら、新聞に載せてもらえる
 そうです。

11.18学会創立の月に入ったものの、うちの地区は結果もいまいちなんでと思っていましたが、少し元気が回復してきました。

(加筆)
今日の総会で多く語られたのが、
池田先生からのメッセージ「私と不二の心で戦ってくださっているリーダーの皆さん」
という言葉。
池田先生の心をわが心として戦いきって

晴れやかに、11.18を迎えてまいりましょう。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


初心者のためのネット副業の教科書
by shin_f77 | 2014-11-02 23:54 | 11.18創立記念日 | Comments(3)

3人の友の名言

11.18が目前となり、今年の我が信心の戦いはどうだったのか、
振り返るべき季節となりました。

折伏には聞法下種と発心下種があるといわれるように、
今年の私の対話の戦いは、ひたすら聞法下種。
今年の私の対話のうち、3人からの友人の名言を振り返ってみました。

○ 元同僚I君との対話。
 「ランナーさんも学会員だったのですね。我が家は学会員ではありませんが
 親戚に学会の方がおられ、たまに聖教新聞をとっており、勉強しています。
 創価学会の活動範囲は本当に広いですね。」

  彼は再就職を勝ち取るために、現在勉強中。教職を目指しています。
  激励していきたいと思っています。

○ 同級生O君と対話。

 「いとこが学会壮年部で、昨年脳梗塞で倒れたんだ。リハビリ中で、車椅子でも
  教職に復帰したいと云っている。何か彼のためにできることはないか。」

 O君とは、40年以上の付き会いで、会うたびに、学会の信心の話しになる。
 私を含め、3人の方から折伏されている。そろそろ、発心の頃か。

○ 職場の同僚Kさん

「うちの家は、学会員じゃないけど、聖教新聞2部もとっているんです。
ランナーさんからは、また空きができたら言いますので、待っていてください。」

Kさんは、3年前の11.18。軽四で通勤途中、トレーラーと正面衝突。
横転したうえに後続のトラックにさらに衝突。駆け付けた救急隊員も「たぶんダメ
だろう」という中、奇跡的に、骨折のみで、命に別状なし。大福運の持ち主です。

私のまわりには、このような眷属たちが居ます。
彼らとは、今後とも対話を続けてまいります。
11.18を戦いきって、晴れやかに迎えてまいりたいですね。

ブログ村に参加しています。ポチっとしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
O君と一緒の中学のとき文化祭で、ギター弾き語りでボブディランのこの曲を、覚えたての英語で歌いました。



初心者のためのネット副業の教科書
by shin_f77 | 2014-11-01 19:29 | Comments(0)