ブログトップ | ログイン

熊本地震、その後

今回の地震のすさまじいところは余震の多さ、この1日で140回を超えるということは、
10分に1回、震度4か震度5以上の余震が起こってることになる、
愚息に聞いたら、だんだん感覚がマヒしてきたとのこと

熊本市内は、どこの避難所も、人であふれかえっているらしい
大学の体育館は高齢者優先で、若者は別の場所に移動してと云われ
別の大学の施設に行ったらここも、避難者でいっぱい

うちの愚息は、一緒になった学生部のA君と
「そうだ、創価学会○○会館に行こう!」ということになり
さきほど、電話で 「当分の間、会館でお世話になることになった。
建物に被害はなく頑丈そうだし、全室畳の部屋で、快適!」

これまで、勤行しない、会合でない、活動しない未活の学生部だったけど
これから当分の間、一緒に朝晩の勤行をすることになるようです

大学は無期限休校
就活中だけど、幸いにも4月早々2社から内定をもらっており、
実質、就活は終了している

未入会の愚息の彼女も一緒に会館でお世話になることになったので
折伏もできる、これほど恵まれた避難所はない

おまけに、未入会の私の妻は、愚息の安否を、親戚や友人から電話が
かかってきたら、
「息子は、創価学会の会館でお世話になっているから。大丈夫です」
「創価学会にお世話になっているから大丈夫です」と
みんなに言って対話している。これは、折伏に通ずるのでは。

大事には小瑞なし 大悪起これば大善きたる、
すでに、大謗法国にあり大正法必ずひろまるべし
の御書を確信する。

(追伸)
熊本は、今殺気だっているようです。
食料も、水も不足しているようです

会館にも食料と水が不足している

(追伸)
先ほど、熊本から命からがら帰ってきました
大学の先輩に車で福岡の手前まで送ってもらい
JRを乗り継いで帰ってきたようです

熊本の学生たちは、皆脱出を図っています
バイクで福岡に向かい、
そこから飛行機で帰る学生もいます

(追伸)
今日、石井国土交通大臣が、明日から熊本空港を再開する、と発表しました。
また熊本市長は自らのFBで、市内の水道の試験稼働を開始した、と発表している。
具体的に希望を届けるのが、政治家の使命、
再び、学生たちが、熊本に戻って、学生生活を再開できるよう
奮闘していただけることを期待しています。

(追伸)
2日前には絶望的と云われていた九州新幹線が、さきほど
石井国土交通大臣から、23日にも
博多_熊本間を試験運行との発表があり、我が家は大歓声をあげました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
# by shin_f77 | 2016-04-16 17:25 | 日常の出来事 | Comments(6)

熊本大震災

一昨日の9時30分頃、携帯にまさかの「熊本震度7」のメッセージが
即、熊本市内で下宿している大学生の息子の携帯に電話しました

屋内テニスコートでテニスをしているところに、地震が起こり
天井からコンクリート片が落ちてきた
防護するものが何もないので、
コートにあった赤いコーンを頭からかぶっって、無事だったそうです

その後、下宿に戻ってガスの元栓を切り、大学の体育館に避難
朝から下宿に戻り、散乱した部屋の中の復旧作業をしているとのこと

息子は21年前、阪神淡路大震災と今回の熊本地震と
2度の大震災に遭遇することになりましたが、
今回も無事守られました

(追伸)
午前1時25分の地震で、部屋の中に食器棚や本棚が倒れてきて、めちゃくちゃになった、
朝まで近くの高校のグラウンドで過ごして、今大学の体育館に向かっていると電話あり。

どうやら、今回のが本震だったらしい。
阪神淡路大震災とほぼ同レベル

阪神淡路大震災のときは村山政権で、公明党は野党
東北大震災のときも民主党政権で、このときも公明党は野党
今回こそ、公明党の本領を発揮すべきときです。
公明党頑張れ

大悪起これば大善きたるの御誓訓を心に刻み

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

震災前の熊本城
e0246189_0113256.jpg

# by shin_f77 | 2016-04-16 00:13 | 日常の出来事 | Comments(0)

卒業式

先日、地域の中学校の卒業式があり、招かれて、出席してきました。
うちの息子の高校の卒業式以来ですが、
卒業生代表の生徒会長の答辞
来賓のみなさんも涙うるうるでした

クライマックスは、
卒業生から在校生に贈る歌
在校生が卒業生を送る歌
卒業生50数名が旅立っていきました。

さくら4月も、すぐ目の前に
未来部とともに、新たな挑戦をスタートしていきたい(^^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



卒業生から在校生に贈る歌 合唱曲「道」





卒業生を贈るうた「旅立ちの日に」








# by shin_f77 | 2016-03-12 22:59 | 日常の出来事 | Comments(0)

毎日が勝負、一勝十四敗

2週間前の大寒波が来た週末以来、
風邪菌にやられて、2週間ほど、停滞の毎日をおくっていました。
ひどい咳に悩まされ、勤行してても、題目あげてても、咳が出て止まらず
題目三唱もできない!という時もありました。
こんなの初めてのことでしたが、
やっと、今日、風邪の正体がわかりました。

大きな戦いをしようとするとき、必ず魔が競う
これは、仏道修行を妨げる魔だったんだ!
と、今日の御書講義に参加して気がつきました。

信心の戦いをすすめようとするとき、
三障四魔が、紛然として、紛らわしい姿で、やってくる。
家族の姿や、上司の姿や、病の姿や、
ときには学会幹部の姿でやってくる

大きな法戦の戦いを繰り広げようとするとき
毎日が魔との攻防戦
勝ったり、負けたり
という意味では、この2週間、
一勝一四敗の負け越しだったような気がする

会合やら、配布物やら、公明号外やらの多さに
負けてた気がする
これで、信心が停滞するのも、負け

学会の5指針って何だったか、全部すぐ言えますか
一 一家和楽の信心
一 幸福をつかむ信心
一 難を乗り越える信心
一 健康長寿の信心
一 絶対勝利の信心
私は、一番目と三番目は、すぐでてきたけど、あとは忘れてました
この5指針を毎日、自分で自覚し、めざしていくこと
 
1つ目の一家和楽の信心だけは、入信以来35年間祈ってきたけど
未だ叶わず、我が家はよっぽど宿業の深いのかと、落ち込むこともあるけど
全部祈りが叶ってしまったら、今頃、信心は休眠状態だったかもしれないと
思うと、ここで、この環境の中で戦うのが、我が使命なのかなと思う

仕事は、今は実証の姿を示しているように見えてるけど、一時の栄華
あと、4年後、60歳定年後の第二の人生が全く見えてこない
これが目下の最大の悩み
老後破綻も他人ごととは思えない

塵が積ってできた山はない
大きな地殻変動で山はできる

大きな戦いの中に身をどっぷり置いて
この7月には、自身の境涯革命も成し遂げたい

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




# by shin_f77 | 2016-02-07 22:06 | 日常の出来事 | Comments(1)

箱根駅伝_誓いを果たす

箱根駅伝往路1区に、学連選抜チームに選ばれ出場した
創価大学の山口修平君、
今年もみごと師匠との誓いを果たし、
15㎞付近、蒲田の地で、みごとトップに立ちました
「創立者のために」との思いで走りきりました
「後輩たちに何か感じてもらえたら」とレース後語っていたそうです

今年は、修平君のお母さんもこの地で応援していました
「意義深き蒲田の地で 母の前をトップで駆け抜けていきました!」
とレース後述べておられたそうです

山口君、全国のみんなに勇気と感動をありがとう!!

e0246189_9384022.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








# by shin_f77 | 2016-01-02 09:43 | 日常の出来事 | Comments(1)