創価の風


創価学会の一壮年部shinが日々の思いを綴ります
by shin_f77
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
退任の決意
at 2016-11-09 20:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

オランダからの便り

世界広布新時代・拡大の年のスタートにあたり、
かつてお世話になった方は今どこで、どうしているのか、思い出している中、

昭和55年入会当時の、学生部委員長のAさんは、
今どうしているのかと、ふと名前が思い浮かびました。

Aさんは当時、小学校の先生を目指し、通信教育で
免許を取得され、京都市内の小学校に配属になる予定でした。

Aさんの消息を追って何か、手がかりはないかと当たっているうちに
フェイスブックで同性同名の方に、行きあたりました。

オランダ在住、格闘技のスポーツライター、
写真を見ると、角刈りのいかにも格闘技の専門家という風貌
これは別人だ、と思いましたが、良く見ると、
目鼻立ちが、Aさんに似ているところがある、

「人間違いだったらゴメンナサイ」と前置きして
「1980年頃、京都で学生部委員長をされていたAさんでしょうか?」
とメールしてみたところ

「元気してるか」と、reメールが返ってきました。
聞くと、小学校の教員を10年程勤めたあと
20年程前に、縁あってオランダに渡り
日本とオランダをつなぐ、K1など格闘技のスポーツライターをしているとのこと。

学生部歌「広布に走れ」の指揮がカッコよかったAさんから
格闘技の専門家のAさんになっていました。
いずれにしてもヨーロッパの広布の一翼を担っておられるようです。

小学校の先生が、なんでまた、オランダで格闘技ライターをすることになったのか
これから良く聞いてみたいと思っています。

35年前の学会入会のときに、A学生部委員長から贈っていただいた
「受くるは易く 持つは難し さる間 成仏は持つにあり」
と四条金吾殿御返事の一節の色紙は、一部セピア色になっていますが、
今も大事にしています。

拡大の年、大きく動いていきたいですネ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

e0246189_2274135.jpg






# by shin_f77 | 2015-12-27 18:30 | 日常の出来事 | Comments(0)

STB専用ケースいただきました

明年の地区のスローガンが決まり、
金剛堂の設営サービスで垂れ幕の作成をお願いしてきました。

垂れ幕を、いつも、サービス価格で作っていただいてるところに、
今回は、こんなプレゼントまでいただいてしまいました。

金剛堂さん「STB専用ケースを無料で配布しています。いかがですか?」
私「助かります!小さなリモコンや、コードをしまうのに、いつも困っていたんです」
と、すぐれもののケースをいただいてしまいました。

地区部長、地区婦人部長のみなさん、
金剛堂が近くにある方は、一度覗いてみてください。
数量限定なので、完配かもしれませんが。

e0246189_21553841.jpg


e0246189_21572945.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

# by shin_f77 | 2015-12-22 22:01 | 日常の出来事 | Comments(2)

上田正樹さんとの出会い

先週の日曜日、壮年部でSTB見放題上映会を開催しました。
その中で、印象的だったのが、上田正樹さんの大阪での信仰体験。

実は、私は40年前、高校生のとき、上田正樹さんの曲に初めて出会ったときの
懐かしき思いでがあります。

友人とバンドを組んで、「プロのギタリストになるんや」と夢見ていた、
高校生の頃の私

上田正樹さんは、高校生のとき、京都の実家から、「お風呂に行ってきます」と言って、
家出をされ、大阪の天王寺で、ホームレスと一緒に生活をしながら
音楽活動をスタートされています
そんな生活の中で、近所の創価学会婦人部のおばちゃんが
毎日、「食べるか」と肉じゃがとか、持ってきてくれて
その婦人部の方の「この仏法は、祈りとして叶わざるなしの仏法なんや」との
大確信にふれ、信心し、そしてレコードデビューを果たされています。

私は、その後、上田さん達が活躍する京都に憧れ、
親に「京都で下宿させてください」と、同志社大学に行くことになります。
そこで、プロのギタリストにはなれなかったけど、創価学会の信心に出会います。

40年前に上田さんに出会うことがなければ、京都の大学に行くことはなかったかも
しれない、創価学会に出会うこともなかったかもしれない。
今、こうして信心していることは、本当に不思議な縁なんだ、と思う次第です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








# by shin_f77 | 2015-11-28 11:24 | 日常の出来事 | Comments(2)

24年ぶりの参院選

公明党は来年の参議院選の兵庫選挙区に24年ぶりに候補を立てます。
公明党掲示板のポスターも貼り換えて、
来月からは、徐々に参議院選モードにシフトします。

尼崎生まれで、大阪で育ったビッグな候補
伊藤たかえさんにちなんで、
先日復活ライブをされた芸術部のボロさんのこの曲をお届けします。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





# by shin_f77 | 2015-11-21 21:24 | 公明党 | Comments(0)

冤罪

公明党の当時市議会議員で、云われなき冤罪で逮捕され、有罪が確定していた
上脇義生さんに、大阪高裁は先月再審(裁判のやり直し)を決定しました。

経過は、事件当時(平成17年)、神戸の三宮でキャバレーを経営していたN氏が脱税で逮捕され「脱税の指南を受けたのは、上脇さんからだ」と嘘の証言をしたことにはじまる。

許せないのは、検察官の脅しの言葉
「あんたは綺麗な政治家やな、せやけど放す訳にはいかない」
「行政書士なんか逮捕してどうするんや。バッチ(議員)がほしい」
「裁判になれば1人ずつ証人を立てて衆院選まで引っ張る。記事になれば
党へのダメージはきついぞ」
と、その年に予定されていた衆院選を、引き合いに出して恫喝したこと。

大阪事件で、池田先生を逮捕したのと、今も変わらない検察の横暴。

来年7月に行われる参院選では、兵庫をはじめ、愛知、福岡などで
新たに選挙区で候補を立て戦うことが決定しています。
障魔が競うことは必定ですが、

最後は正義が必ず勝つ
との確信で勝利をもぎとっていきたいと思います。
上脇さんがんばれ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

e0246189_6345927.jpg








# by shin_f77 | 2015-11-14 06:37 | 日常の出来事 | Comments(1)