冬と春との境には

しおのひると、みつと、月の出づると、いると、
夏と秋と冬と春のさかいには、必ず相違することあり、
凡夫の仏になる又かくのごとし、必ず三障四魔と申す障りいできたれば
賢者はよろこび愚者は退くこれな(兵衛志殿ご返事)

3月を前にして、久々の大型の三障四魔がやってくる。
職場で、私に対して非難中傷の嵐、味方はA君のみ
非難の嵐の出どころはB。
気に要らないことがあると出社拒否し、
出てきたと思えば、大ブレーキをかけて、
長を補佐する立場のものが、非難中傷をばらまく始末。

帰宅して、ご本尊の前で、題目三唱し
思い出したのが、
「冬と春との境には 必ず相違することあり」との御文、
次はなんだったっけ、といつも仏壇の前に置いている御書を手にとってみて
気が付いた
そのページ、開いたままで、毎日見ていたが、最近読んでなかっただけか

「凡夫の仏になる又かくのごとし、
必ず三障四魔と申す障りいできたれば
賢者はよろこび愚者は退くこれなり」

よし、この御文を身で読む戦いをしよう
喜んで、戦おう、そんな決意がみなぎってきました。

昨年も、今の時期、苦しんでいたよな、全く違うパターンだけど
でも、最後見事に勝って、3月29日、桜が満開の大誓堂の勤行会で
勝利の報告をしたよな
よし、今年も必ず、題目と対話の戦いで勝って、
必ず勝利の報告を先生にします、ていう決意がみなぎってきました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

e0246189_23204123.jpg

by shin_f77 | 2015-02-27 23:23 | 3.16広宣流布記念の日